株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

外貨建てMMFとは…?

国外の債券に投資が可能な投資信託と言えば、『外貨建てMMF』が最もメジャーでしょう。
日本円以外の通貨に分散投資が可能になるだけでなく、円安に対するリスクヘッジにも利用することができます。
外貨建てMMFの投資対象は、米ドル・ポンド・豪(オーストラリア)ドル・カナダドル・:ニュージーランドドルの6種類ですので、覚えておきましょう。

MMFとは、マネー・マーケット・ファンドの頭文字を持ってMMFと名付けられています。
主に高位に位置する海外の公社債や、短期金融商品などで運用されています。
債券に投資をしているというよりは、通過そのものの投資をしているとイメージした方が良いでしょう。
たびたび外貨預金などとも比較されますが、外貨建てMMFの方がさまざまな点でメリットが多いと考えられます。

■外貨建てMMFのメリット
外貨建てMMFは購入日の翌日以降であればいつでも換金が可能です。
反対に、外貨預金のほうは満気がくるまで解約が不可能になっています。
もしレートが円安に触れていて、為替差益が発生しているのならば、外貨建てMMFの方が素早く対処することが可能です。
税金面においても、為替差益があっても課税対象とはなりません。(分配金の20%が源泉徴収)