株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

株式会社建国ファンドで老後を見据えた投資を行おう

定年退職後は収入がなくなるため、年金頼りになるという高齢者が増えています。
貰える年金が少ないと、「生活費」を捻出するのが難しく、「老後破産」に追い込まれてしまう人もいます。
まさか自分がそんなことになるなんて…とお思いの方もいるでしょうが、公的年金の支給額が徐々に少なくなってきている今、老後を生きていくための資金を自身で用意する事が求められています。

■老後をイキイキ暮らすためには、いくら必要になる?
これはおよその金額に成りますが、夫婦2人が老後もイキイキと暮らしていくためには、月々27万円もの資金が必要になります。
1年間では324万円、セカンドライフはおよそ20年と言われているので、1年間324万円×20年間=6480万円もの資金をためなければなりません。
また孫の世話や住宅リフォーム、などもかかってくれば資金がいくらあっても足りないという事になります。

■老後の為投資は有効か?
老後は月々の収入よりも支出の方が圧倒的に多く成ります。
公的年金の支出額は変わりませんが、物価や治療費などがかさむと生活を圧迫せざるを得ません。
そこで投資信託が出番です。
株式会社建国ファンドなどの投資信託を購入して、お金を運用しながら貯めていくという構図が作れれば将来は安泰かもしれません。