株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

投資信託の解約時期はいつ?

基本的に投資信託は長期保有でコツコツと増やしていくのでがセオリーです。
投資信託の難しさは買う時ではなく売る時にあると言います。
長期保有だからと言ってあまりに値下りしてしまえば保持する価値はどんどん低くなってしまいますし、値上がり期になると売却してお金にしたいけど、今我慢すればもっと高い値段で売却できるかもしれないという欲が出てきてしまいます。

そもそも投資信託というのは、1つ銘柄に多額の資金を充てるのではなく、資金を分散させて投資を行うからこそ効果を持つものなのです。
目先の変動にばかり目を向けていると正確なタイミングを見失うこととなりますので、どっしりと構えていた方が良いでしょう。


投資信託のベストな解約のタイミングは?
長年投資信託を続けていると解約のタイミングが分からなくなってしまう事があります。
タイミングは人それぞれだと思いますが、殆どの場合は自分の目標金額をクリアした時になると思います。
老後資金1000万を目指して投資を行っていたとすれば、その1000万円のラインに来た時に解約を考えましょう。
また、持参分配のリバランスを取る時や、保有している投資信託に魅力を感じなくなった時なども解約のタイミングとして挙げられます。