株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

分配金ありの投資信託は毎月と年1回では、どちらか良いのか(税金編)

投資信託の銘柄を調べていると、同一の商品でも「毎月分配金が受け取れるタイプ」と「年1回分配金が受け取れるタイプ」の2通りがあることが分かります。
同じ商品でも分配金の受け取り方によって損得はあるのでしょうか?

 

■税金の関係

株式投資信託によって得られた分配金への税率は一律で20%となっています。
この税金がいつ課せられるのかのと言うと、分配金を受け取った際です。
となると、毎月分配型の場合は毎月20%もの税金を支払うことになりますが、年1回分配型は一括で支払われたものに対して20%の税が引かれるので、お得というわけです。
税金がかかるタイミングがややこしいので投資信託は敬遠されてしまいがちですが、仕組みを正しく理解していればお得に資産を貯められますのでオススメです。

今回紹介した2つの分配金あり型の投資信託も、1年目までは大した差ではないのですが、5年・10年と長期間になればなるほどその差は開いていきます。
目先のことだけでなく、未来のことを見据えて投資を行う必要があるのです。

しかし、毎月分配型でも確実に資金を稼ぐ方法はいくらでもあります。
そのうちの1つが「株式会社建国ファンド」で投資信託を行うことです。
株式会社建国ファンドはあまり知られていない投資信託なのですが、年間利回り36%という強烈な数字なので、どんな毎月分配型の投資信託よりも高いリターンを望めます。