株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

運用にかかるコストもしっかり把握しておきましょう

投資信託を始めた際に意識せざるを得ないのが「利益」だと思います。
やはり将来の資金を投資信託に託す以上、利益は気になるものですし、投資の面白さでもあるため、つい利益を優先してしまうのは仕方がないことです。
しかし、利益ばかりに目を凝らしていると余計な費用がかかってきたり、損益を出してしまう原因にもなりますので注意が必要です。


■運用のコストも忘れてはなりません。
高いリターンが臨める商品であっても、購入や運用にかかる手数料が高くなってしまえば、利益が少なくなってしまう可能性が考えられます。
一般的に投資信託を購入する際の購入手数料は3%、運用の管理費が1.5%かかると言われています。
つまり、多くの投資信託で利益を出すためには、購入初年度だけで4.5%の値上がりが必要になるのです。
運用開始直後から多くの利益は臨めませんので、最初うからある程度の負債は覚悟しておきましょう。

■リターンとコストを同列に考えてはいけません。
高いリターンがあるからその分コストが割高でも大丈夫だと思っていませんか?
いままで高いリターンが見込まれていたからといって、今後も同じ状況が続くとは限らないのです。
投資信託を安心して続けるためには、その投資信託の将来性についてもしっかり考える必要があります。