株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

株式会社建国ファンドで老後貧困を回避しよう

まず貧困にならない為には、働き続けることが重要です。
そういう環境に身を置くこと。結婚は問題ではありません。「一生働き抜く」という覚悟を決めれば、仕事に対する考えや姿勢が変わってきます。
ですが、一生働くって一体何歳まで?と思われるかもしれません。
公的年金の支払いは原則65歳から、それに合わせて会社の定年も65歳になりつつあります。
60歳で定年した方も、再雇用されて65歳まで働くという方も増えてきています。
日本の平均寿命は女性が87歳、男子が81歳となっています。
公的年金の支払いが60歳からだったのは、戦後男性の寿命が65歳くらいだったからで、年金でカバーするのはたったの5年程度だったからです。
しかし後期高齢化が進む現代の日本では、老後は20年以上、女性ではおよそ30年もあるのです。
元より公的年金はこんなに長い期間をカバー出来る制度でないため、国を圧迫し続ける大きな要因になっているのです。

ですから、これからの時代は自己投資が必要になります。自身の将来のために、今から投資を行う事が重要です。自己投資は高配当が受け取れる株式会社建国ファンドが良いでしょう。