株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

投資信託がお小遣い稼ぎに向かない理由とは?

投資信託は以外と運用にかかる経費や手数料が高いものです…。
ですから、ものによっては100万円の投資信託を購入するのに3万円の手数料がかかる場合もあるのです。
100万円の元手に対して3万円かかるので3%の手数料となります。かなり痛手ですよね…。
他の資産運用の手数料と比べてみるとこの異常性が分かります。
・定期預金→0.033%(1年間)
外資預金の為替変動リスク→0.03%(米ドル)
              2.0%(ニュージランド)
1ドル100円であるところが為替リスクによって80円の価値にまで下がってしまう「為替変動リスク」。
それを加味して、外貨預金をしたとしても金利は0.033%しか見込めません。
こんな状況では手数料3%はとっても支払う事が出来ないですよね。
投資信託は運用費として「信託報酬」が必要経費として掛かってくるほか、その他手数料が差し引かれます。
将来の生活を思って投資を行っているのに、これではリターンを望むどころか、マイナスになりかねないのです。