株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

投資信託の成績が振るわない時はどうしたら良い?

最近は世界情勢もあまり良くなく、日本もそのあおりを受けて投資信託の成績が振るわない場合が多いようです。
せっかく購入した投資信託でも、こうも成績が振るわないのであれば投資信託を行う意味を見失いそうになってしまいます。
実際に、購入して数年で手放してしまったり、撤退を考えている人が多いようでです。
しかし本当にそれでいいのでしょうか?


■長期投資の意味を考えましょう。

もし保持しているのがFXや先物投資であるならば、早くに手放してしまった方が損は少ないと言えます。
しかし、投資信託のように長期的な視点で資産運用を行うためには1年~2年のマイナスで投資自体を辞めてしまうことの方がリスクが高いと思います。
むしろ、長期的に積み立ててで資産運用を行いたいのであれば、これをチャンスと捉えて、追加投資を行ったり、今後の経済動向が良くなることを信じて積み立て投資を続行した方が良いでしょう。
また積み立て投資の場合、一つの資産クラスにばかり集中投資を行うのはリスクが高いです。
ですから、バランスをとってリスクを軽減させた分散投資を行うようにしましょう。