読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

投資信託の税制を把握しましょう

投資信託にかかる手数料や利子は間接的に引かれているため、意識する事もすくないかと思います。
しかし、こういった諸雑費や税金などもコストの1つと捉えて考えることも重要なのです。
今回は、
・どんなときに
・どれくらいの
お金がかかるのかと言う事を詳しく見ていきましょう。


■売却時にかかるコスト
投資信託保有している時だけでなく、売却した際にもコストがかかると言う事を覚えておきましょう。
売却時にかかる税金は『譲渡所得』として収益の20%が差し引かれます。
譲渡所得については確定申告が必要なのですが、『特定口座』での源泉徴収ありの取引方法を選択することで確定申告が不要になり舞うS。


保有時にかかるコスト
上記でも紹介した通り、投資信託保有している際にも当然コストはかかります。
分配金を受け取ると『配当所得』とみなされ、譲渡所得と同じように20%の税率で差し引かれます。
この配当所得は源泉徴収されるため、確定申告の必要はありません。
ただしすべての分配金が『配当所得』にあたるわけではなく、思うように収益を挙げられず投資元本が払い戻される「特別分配」の場合は非課税となります。

こういったコストは株式会社建国ファンドで資産運用を行う際も必要と成りますので、しっかり把握しておきましょう。