読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

投資信託は1社で運営しているわけではない?

投資信託の仕組みはいくつかの会社が共同で役割を分担することで運営を行っています。
主に例に挙げられるのは、
・販売会社
・運用会社
・受託会社
の3社です。

投資信託の販売に関しては、銀行や証券会社が請け負う事が多いのですが、投資自体に関わる業務は3社が共同で行っている場合が多いです。
この販売会社によっては、金融商品の品ぞろえがまちまちだったり、購入時の手数料が異なる場合がありますので、投資信託を購入する前には、販売会社においてもリサーチしておくことが重要です。
全体の傾向として、
・取り扱いの多さ ネット証券 > 大手証券 >銀行
・手数料の安さ ネット証券 > 大手証券 > 銀行
となっているようです。

運用会社では、実際に運用の指揮を取るファンドマネージャーと呼ばれる人材がおり、この専門家達が景気の動向や経済状況に合わせて投資の航路を決定します。

受託会社は運用会社の指示のもと、実際の売買や運用・管理を行います。
受託会社と運用会社をひとまとめにしてしまえば良いという意見もありますが、あえて分けることで資金を流用させないような形となっているのです。
万が一投資が失敗に終わり、受託会社が倒産するような結末になってしまっても、投資家の資産は保護されますので安心です。