株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

ファンドにも投資のリスクが存在します

ファンドや投資信託は投資の中でも比較的リスクは少ない方だと言われていますが、それでもリスクはゼロではありません。
今回はファンドにかかるリスクを紹介します。

金利変動にかかるリスク

金利が著しく変化すると、それに伴いリスクも大きくなります。
金利の上昇が起こると証券が下落する事がこのリスクの原因だと言われています。
リスク対策が万全と言っても、急な金利変動には対応しかねる場合もあります。

●カントリーにかかるリスク

投資先の国の経済状況・政治動向などにより市場が混乱する場合があります。
有価証券などはこのリスクに大きな影響を受けますので時には不利益を起こすケースもあり得ます。
先進国よりも新興国の財政が虚弱的と言われますが、市場によっては投資制限がおかれる事もあります。

●事業者にかかるリスク

運営を行う事業者の力量が足りずに利益を生み出せないリスクがこれに当たります。
それぞれのファンド・投資信託ではこの事業者のリスクを減らす最大源の努力を行っています。

地震・天災にかかるリスク

やむを得ない天災により、差損が生じるリスクです。
人の手ではどうにも出来ないリスクのため、投資の皆さまにはご了承を頂くしかありません。