読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

投資信託の3つの特徴

投資信託はファンドとも呼ばれています。
投資家よりお金を集め、プロが分散投資で運用を行う方法です。
運用で発生した損失と利益は、投資した金額に応じて分配金として受け取ることができます。
運用をプロに任せる方法なので、投資の知識が乏しい人で気軽に利用することが可能です。
では、投資信託の特徴についてご説明します。

まず、委託するファンドによって異なりますが、積立型なら少額投資で始めることが可能です。
手元に大金がなくても資産運用を始められることがメリットと言えます。
ただし、投資信託は投資なので、預金とは異なり元本の保証がありません。
元本を保護した運用を実現したい方には向きません。
また、ファンドを選ぶ際は、元本割れが起きないように損切りに徹底しているなどリスク管理がしっかりしたところを見極めましょう。
なお、運用を代行してもらう方法であるため、毎年一定の信託報酬()をファンド側に支払わないとなりません。
信託報酬はファンドによって異なるので、しっかりチェックしましょう。

誰でも始めやすい資産運用ですが、もちろんリスクは存在します。
なので、そのリスクや特徴をしっかり把握したうえで、投資信託で資産運用を行いましょう。