株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

株式会社建国ファンドに運用リスクはあるの?

株式会社建国ファンドでは「コンピュータ・トレーディング・システム」という独自開発のシステムを導入しています。
このシステムは、世界の為替市場をいつでもモニタリングしているため、どんな変動にも対応できるメリットがあるのです。
そして、資産元本の保護を優先にしているので、システムが動向に合わせて公平に売買を行い、利益を得ていく仕組みとなります。
安定した運用に魅力がある建国ファンドですが、当然予期せぬリスクも存在するのでしっかり理解しておきましょう。

まず、株式会社建国ファンドは日本の上場株式ではなく、世界中の外国為替を取引対象にしています。
なので、取引対象となっている国の政治や経済、社会情勢などが変化し、そこで市場が混乱すると、有価証券の価格が変動するリスクがあるのです。
特に新興国は先進国に比べて経済が脆弱傾向にあるため、変動リスクが高いと言えます。
また、政治不安や外交悪化、海外から投資の制限を導入される場合もあるのです。
他にも、突然の地震や火災など自然災害から差損が発生する場合があります。

このように、株式会社建国ファンドでも利益を得られないリスクは当然存在します。
しかし、これらのリスクは株式会社建国ファンドのみに限らないことを、投資信託を始めるうえで理解しておきましょう。