読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

マイナス金利だからこそ株式会社建国ファンドで運用

マイナス金利という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。
通常、銀行に貯金をするとわずかな利息が付き、少しずつ増えていきます。
しかし、マイナス金利では、その利子分を銀行へ支払う必要があるのです。
ですが、現段階は日本銀行と各金融機関の金利のことであり、今のところは預金利子がマイナスになるわけではありません。
この政策は日本銀行にお金を預けるより、企業などへ貸し出して金利収入を得る、または他の投資へ回すといった動きを促す目的があります。

しかし、デメリットとしては、日本銀行と各金融会社のやり取りで発生するマイナス0.1%はどこが負担するかということです。
消費者が銀行でお金の融資を受けた時の金利は、安くなると考えられます。
ですが、以前より利益が上がらなければ、預金している消費者に負担を課せられる可能性があるのです。
現在はマイナス金利0.1%ですが、今後も拡大する可能性は否定できません。
そうなると民間銀行への負担が大きくなり、そのために預金者からお金を徴収する必要がでてくるかもしれません。


なので、預金だけが資産運用に有効とは言えないでしょう。
安定した老後を望むのであれば、投資などで資産運用をすると良いでしょう。
株式会社建国ファンドではリスク管理を重視した運用を行ってくれるファンドなのでおすすめです。