読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

初心者でも始めやすいローリスクな資産運用

資産運用を始める理由は人によって様々です。
子供の成長に合わせての教育費に使いたい…自分の老後の生活を誰にも迷惑かけずに暮らしていきたい…少しでも子供たちに資産を残してあげたい、など色々な理由があるでしょう。

少なからずリスクは存在しますが、きちんと正しいやり方で資産運用を行えば、お金を増やせます。
正しい知識を身につける事で、利益を得られリスクを減らす事が出来るでしょう。

始めて資産運用を行う人にとっては、どの種類に手を出して良いのかわからない人も多くいます。
そんな方の為に、ローリスクな資産運用を纏めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。


■銀行預金
銀行預金が資産運用のひとつだと初めて知った人も中にはいるでしょう。
銀行預金の利息を利用して資産運用をするのです。
普通預金であれば年に0.02パーセントの金利なので、100万円預けていれば200円の利息がもらえます。
このようにごく僅かな金額ですが、お金を増やしていく事が可能なのです。
元本が保証されていたり、大きな失敗などもなく誰にでも出来る運用方法ですが、利益が少ない事がデメリットでもあります。
運用をするというよりも、資産を守っていきたい人にオススメです。


■外貨預金
日本円ではなく、外国のお金を使って預金をしていく事を言います。
ドルやユーロなどが有名です。
日本円では金利が0.02パーセントと低かったですが、外貨預金であれば0.1パーセントや0.5パーセント、1パーセントなどの高い金利を受け取る事が可能です。
利息が高い分、為替の変動で影響を受けやすかったり、日本円と比べてリスクが多い事はありますが、日本円よりは確実に資産を増やす事が出来ますので、最初に始めるにはオススメ出来る資産運用です。


■個人向け国債
国債は国が発行する債券の事を言います。
投資をする事で毎年利息が受け取れ、満期には全額お金を受け取る事が出来ます。
満期は3年・5年・10年があり、1万円から始める事が出来るので始めやすい運用方法です。
銀行や郵便局で購入する事が出来るので、手軽に始められますし、満期にならなくても解約出来る事も魅力のひとつです。
流動性は低いですが、安定しているのでリスクを気にしている人にとっても安心して始められるでしょう。


上記の3つは、ローリスクな資産運用として初心者にも人気があります。
ローリスクな分、ローリターンとなってしまいますが、始めて資産運用を行う人にとっては手軽に始められるのでオススメです。