読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

建国ファンドのコンピューターシステムについて

株式会社建国ファンドのコンピューターシステムについてご紹介します。
本来ファンドには、「ファンドマネージャー」が配置され、ファンドマネージャーは投資家の方からお預かりした資産を、上々株式や外国為替などに投資を行い利益を生み出しています。
ですから、ファンドマネージャー上場株式や外国為替の市場変動を把握しながら動ける人間にしか勤まりません。
しかし、取引は24時間365日動き続けています。
ということは、人による市場傾向のは把握や運用には限界があると言う事に他なりません。
反対に、株式会社建国ファンドでは「完全自動化コンピューターシステム」を導入しております。
取引をコンピューターに任せ、自動化することにどんなメリットがあるのかと言いますと、「取引に感情を入りこませない」ようにするためです。

人間が行う取引では、必ず相場の流れを気にしすぎてし合うがあまりタイミングを見損ねたり、ネガティブな反応が出やすいという結果になりやすい傾向にあります。

しかしコンピューターであれば、人間の意志が介入しないので、感情によって取引が左右されてしまう事もありません。
つまり、常に客観的で、冷静な判断をくだす事が出来るのです。
その上、コンピューター管理にすることで市場を24時間365日監視する事が可能となり、市場の流れを常に把握することが出来ます。
その事により、リスクを最小限に抑えた取引が行えるのです。


株式会社建国ファンドは「リスク管理」にも重点を置いて」います。
リスク管理の視点で最も重要な事は『元本割れを起こさせないこと』となります。
元本割れを起こさないために、株式会社建国ファンドでがリスク管理を徹底的に排除する工夫を取り入れているのです。
先ほども紹介したコンピューター・トレーディング・システムの導入もこの一環です。
取引に感情を介入させた場合、損と分かっていても取引を続行してしまう事がありますが、建国ファンドでは取引を完全自動化することで、損失を早期に切り捨て、リスクを回避することが可能となっています。
この事により、損失を総資産の1%~2%程度に抑える事が出来るなど、高いリスク回避能力を備えていると言っても良いでしょう。
ファンドを運営することに際して、1番怖い事はリスクを被ることですから、建国ファンドにおまかせ頂ければ、絶対に損することなく、資産を順当に増やす事をお約束します。