読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

投資信託ってどんな運用方法?

株式会社建国ファンドで個人資産を運用してみませんか?
初心者でも安心して始められる資産運用は預金や定期預金がありますが、リスクがない分、金利がほとんどありません。
そうなると株式投資やFX取引などの方が、増やすという意味では有効な手段です。
しかし、確かな知識がないと初心者には難しい資産運用となってしまいます。
それなら、プロの投資家に運用をしてもらえる投資信託の方が、初心者にはおすすめの方法です。


投資信託とは何?

投資信託では投資家、つまりお客様から集めた資金を投資のプロが代わりに運用し、利益を分配して投資家に還元するものです。
株式や債券などの知識がない方は、個人で投資をしても失敗のリスクは高く、大きな損失をする可能性があります。
もちろん、運用は金利為替相場などの変動によって成績は変わってしまい、元本の保証もないので必ずしもリスクがないわけではありません。
ですが、専門家による投資なので、知識が乏しい初心者でも安心して資産運用を始められることに大きなメリットがあります。


■運用方法も様々

・パッシブ型
インデックス型とも呼ばれており、日経平均株価東証株価指数といった指標と連動して成果を得るシステムの運用方法です。
日経平均に属している225の銘柄を全て回、平均株価が上昇すれば利益、降下すれば損になります。
銘柄を選ぶ必要がなくシンプルな方法なため、手数料は安めです。

・アクティブ型
専門に運用を任せることで、目標より上の利益を目指すことができます。
大きな利益に期待できますが、景気によって株価が全面的に下がってしまうと利益も下がってしまう可能性が高いです。

・絶対収益型
景気に左右されずに利益に追求するスタイルの運用法になります。
指標による影響がないので、株価変動には強いです。
しかし、必ず利益が得られるわけではなくので、景気の良し悪し関係なしにリスクが出る可能性もあるので理解しておきましょう。


■株式会社建国ファンドはリスクが少ない運用

投資信託では投資の専門家、ファンドマネージャーが1人以上します。
専門家は株式や外国為替先物相場などの市場動向を把握する必要がありますが、市場は常に変動を繰り返しているもので、人の手では動向を完全に把握することは難しいです。
しかし、株式会社建国ファンドではコンピュータ・トレーディング・システムという、独自のシステムによってコンピュータが運用します。
市場の監視はもちろん、人の感情に流されることなく取引の意思決定も公平に判断します。
そして株式会社建国ファンドでは元本の保護を何よりも重視しており、損切り水準を設定しています。
トレンドが上昇と判断された時は買い建て、もし降下傾向にあれば即座に売り建てることで、総資産額の最高1~2%までに損失を抑えることができるのです。


何かの目的で個人資産を増やしたい、将来安心して暮らすための資産を確保したいと思う方は、リスク管理が徹底された株式会社建国ファンドで安全に資産運用を始めてみてはいかがでしょうか。