株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

株式会社建国ファンドで資産運用!老後の生活を豊かにするには?

株式会社建国ファンドで老後も豊かな生活を実現することができます。
定年退職後は収入が年金になり、以前より生活費の捻出が困難となり、「老後破産」という問題も大きくなっています。
現在、公的年金の支給額も減っており、年金だけではなく老後の資産を確保する重要性が高まっているのです。


■老後の生活に必要なお金とは

お住まいの地域などによっても変わりますが、夫婦2世帯の場合、平均27万円ほどのお金が毎月必要になると言われています。
趣味や旅行などを楽しむ生活を望むのであれば、さらなる費用が必要です。
それ以外にも子どもの結婚や孫の誕生、住宅リフォーム、病気の治療や通院など様々な費用もかかり、預貯金を切り崩す生活は豊かな暮らしを実現するのは難しいと言えるでしょう。


■老後のために若いうちから投資の必要性

老後は毎月の収入より、支出の方が大きくなります。
公的年金の支給額が減っているのに、物価は高騰している現状は、生活を圧迫させるでしょう。
生活費を切り詰めようとしても、簡単に金銭感覚を変えることは難しいです。
さらに、近年は晩婚や晩産化により、定年退職後も住宅・教育ローンの支払いを続ける世帯も増えています。
老後の資金不足は誰にでも起こり得ることであり、これを避けるには若いうちに資産運用を行うことを意識することが大切です。
そうなると、投資という方法や預金や定期預金と比べて、老後に必要な資産を無理なく得られる手段と言えます。


■定年退職後に投資をする場合は?

定年退職後に投資を始める場合は、2つの点に従って運用方法を考えましょう。
その点とは以下のことです。
・長期分散投資
流動性の高い商品の保有
長い期間複数の金融商品を保有していることで、利益の振り幅を低く抑えことができます。
すぐに現金化できる流動性のある資産は、収入を得られにくい定年後も投資を安心して行うことが可能です。


しかし、自己投資では豊富な知識が必要です。
知識が乏しい初心者は、株式会社建国ファンドでファンド(投資信託)での運用がおすすめですよ。
建国ファンドではコンピュータ・トレーディング・システムという、独自開発のシステムを導入しています。
コンピュータによって市場を24時間、365日つねに監視し、人間では難しい市場の変化を正確に把握しているのです。
さらに、上昇トレンドの傾向があれば買い建て、降下トレンドの傾向があればすぐに買い建てるなど、人間の感情に関係なく公平で大損のリスクを抑えた運用もシステムが行います。
大きなリスクがなくて安心、そして確実に毎月利益を得て老後の資産に充てたい方は、株式会社建国ファンドで資産運用を初めてみませんか?