株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

株式会社建国ファンドで老後対策!シングルの不安を解消!

株式会社建国ファンドで老後対策のための資金作りをしていきませんか?
近年結婚をしない"シングル"の方が増えてきていますが、そんなシングルの方も老後を不安に感じている方も少なくないです。
今回はそんなシングルの方の老後対策についてご紹介します。

 


■年金をどれくらい貰えるのか把握するべき

まず、老後資金を考え人生設計を行う時に、将来自分は年金をどれくらい貰えるのか把握しておくべきです。
年金がどれくらい貰えるのかが分かれば、現在の貯蓄で将来安定して過ごせるのかが分かります。
ただし、年金額を算出したとしても将来その額が確実に貰えるかと言われると不安な面もあります。
また、年金額は月10万円以下ということがほとんどで、年金だけでは生活も難しくなってしまうかもしれません。
一人なのでやるべきことは全て自分がしなくてはいけませんし、病気になって医療費がかさむ、またはケガなどをして介護や介助が必要となった時にまたお金が必要となります。
これが年金などで賄うことができれば良いのですが、難しいものがあるため、現在から貯蓄をしておくべきなのです。

 


■年金の不足分はどう貯蓄していくべきか?

老後に必要なお金は4000万円以上と言われることが多いですが、これは人や生活によっても異なります。
もちろん、これに年金が加われば多少は楽になりますが、それでも貯蓄を用意しておくことでシングルとして不安な医療・介護の部分をカバーすることもできるのです。
では、年金の不足分はどうやって貯めていくべきなのでしょう?
まずはただひたすら貯めるということをやめて、目標額を設定していきます。
例えば、最終的な目標を3000万円に設定し、これを仕事を退職する60歳までに貯めるという目標を立てます。
そこから現在の収入などを考慮し、短期目標を立てていくことで計画的に3000万円を貯めることが可能となります。
短期と言っても1年単位で目標を立てると分かりやすいでしょう。
また、現在の収入を増やすということも大切です。
貯蓄や節約だけではどうしても補いきれない部分も、収入を増やすことで貯蓄の目標達成につなげることができます。

では、収入を増やすにはどうすれば良いか、それは資金を運用していくことが重要なポイントとなります。
運用というとハイリスクなイメージがありますが、株式会社建国ファンドならコンピュータシステムによる安定した資金運用が可能です。
シングルの方で老後の資金が不安という方は、貯蓄の目標と資金運用を行ってみてはいかがでしょうか?
株式会社建国ファンドはあなたの老後資金の不安を解消してくれるでしょう。