株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

株式会社建国ファンド

株式会社建国ファンドを解約したい時はどうすればよい?

投資信託を行う人の多くが、リターン目的で投資を始めていると思います。運用の利益がそのままバックされるので、投信を行っている最中はどんどん資産が貯まっていくことになりますが、もし投資信託を解約するとなった歳には手数料が発生することになります…

株式会社建国ファンドで老後を見据えた投資を行おう

定年退職後は収入がなくなるため、年金頼りになるという高齢者が増えています。貰える年金が少ないと、「生活費」を捻出するのが難しく、「老後破産」に追い込まれてしまう人もいます。まさか自分がそんなことになるなんて…とお思いの方もいるでしょうが、公…

【株式会社建国ファンド】投資信託を運用する際ば自分なりのルールを決める

投資方法やそのルールは投資家によって分かれますが、投資を行う前に自分なりのルールを決定しておいた方がその後の投資がスムーズに行く場合があります。 ■毎月投資に使うお金を決める運用資金がなければ、資産運用を始めることすら出来ません。投資信託で…

分配金ありの投資信託は毎月と年1回では、どちらか良いのか(税金編)

投資信託の銘柄を調べていると、同一の商品でも「毎月分配金が受け取れるタイプ」と「年1回分配金が受け取れるタイプ」の2通りがあることが分かります。同じ商品でも分配金の受け取り方によって損得はあるのでしょうか? ■税金の関係 株式投資信託によって得…

株式会社建国ファンドでボーナスを運用しよう!

ボーナスが入って、投資信託を始めようと思う方も多いのではないでしょうか?『投資信託』とは、投資のプロが投資先の銘柄を選び、一般の人でも買いやすいように1万円~の少額購入ができるように販売されているものを指します。少額からはじめられるうえ、投…

今後のライフプランに株式会社建国ファンドを活用

今後のライフプランニングや、日々の生活での資金管理は大変重要です。将来に向けた資金作りのためにはまず、現在保持している預貯金額やう有価証券、保険などの資産がどの程度あるのかという事を把握することが重要です。また資産だけに限らず、家や車のロ…

株式会社建国ファンドでクリアな投資を行いましょう

皆さんが投資に持つイメージにはどんなものがありますか?テレビなどのマスコミや週間誌では投資がまるで悪であるかのように報道されることが多く、意識の油歪みが起きていると考えられます。中でも多いのは、・投資はお金もちが資産をさらに増やすためにや…

カントリーリスクと株式会社建国ファンドの対処方法

株式会社建国ファンドは国外の為替市場へ投資を行っています。ですから、数ある投資のリスクの中では『カントリーリスク』に左右されやすいという事が言えます。カントリーリスクと言うのは、投資の対象となる国や地域の政治状況や経済状況が株式市場へも流…

マイナス金利と株式会社建国ファンドでの資産運用

現在の日本はマイナス金利導入後から、依然として円高が続いている状態です。このままマイナス金利が続いていく事は、将来の資産形成にも大きな不安を与えて続けていくであろうと考えられています。安定した資産運用の為にはマイナス金利はデメリットしかあ…

株式会社建国ファンドなら、毎月の収益に+αの効果がある

株式会社建国ファンドは毎月分配型の投資信託です。毎月受け取ることが出来る分配金は3%です。株式会社健康ファンドの応募要件は1口100万円からとなっているので、単純計算すると1年間で36万円の収入がプラスされることになります。およそ1月分の給与がそっ…

株式会社建国ファンドで長期投資!~情報はどこでGETする?~

投資信託のおいしい情報をゲットするにはどうしたら良いのでしょうか?まず金融機関に相談に行くという人も多いと思います。ですが、投資ビギナーの皆さんが金融機関の窓口に言っても良い情報が得られる可能性はかなり少ないと考えられます。…それは何故なの…

株式会社建国ファンドで老後貧困を回避しよう

まず貧困にならない為には、働き続けることが重要です。そういう環境に身を置くこと。結婚は問題ではありません。「一生働き抜く」という覚悟を決めれば、仕事に対する考えや姿勢が変わってきます。ですが、一生働くって一体何歳まで?と思われるかもしれま…

投資の知識を付けて、株式会社建国ファンドで資産を増やそう!

投資を行うに際して、十分な投資知識を付けることはとても重要な事です。いくら初心者が手を出しやすい投資信託といえども、全く投資知識がなくてもできるかと言えば、答えはNOです。投資信託に投資を行うのであれば、少なくとも商品の種類やリスクの危険性…

投資信託の税制を把握しましょう

投資信託にかかる手数料や利子は間接的に引かれているため、意識する事もすくないかと思います。しかし、こういった諸雑費や税金などもコストの1つと捉えて考えることも重要なのです。今回は、・どんなときに・どれくらいのお金がかかるのかと言う事を詳しく…