株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

分配金ありの投資信託は毎月と年1回では、どちらか良いのか(複利編)

投資信託の銘柄を調べていると、同一の商品でも「毎月分配金が受け取れるタイプ」と「年1回分配金が受け取れるタイプ」の2通りがあることが分かります。同じ商品でも分配金の受け取り方によって損得はあるのでしょうか? ■圧倒的に年1回の受け取りの方が有利…

運用にかかるコストもしっかり把握しておきましょう

投資信託を始めた際に意識せざるを得ないのが「利益」だと思います。やはり将来の資金を投資信託に託す以上、利益は気になるものですし、投資の面白さでもあるため、つい利益を優先してしまうのは仕方がないことです。しかし、利益ばかりに目を凝らしている…

株式会社建国ファンドで退職金を上手く切り崩そう

いま現在、株式会社建国ファンドのような毎月分配型の投資信託が投資家の間で話題になっていますが、実はこの毎月分配型の投資信託は働き世代にはあまりオススメできません。その理由は、毎月分配型のシステム上、福利効果が使えないため少しでも多いリター…

投資信託の安全性は確保されている?

投資信託という金融商品は、販売会社・委託会社・受託会社の3つ会社に役割を分担することで健全な運用を行っています。たとえば、それぞれの分担機関が万が一倒産してしまった場合でも、投資家から預かった資産は確保されています。 ■販売会社が倒産した場合…

窓販で取り扱いがない投資信託がある?

投資信託を購入するといった場合、皆さんはどこで購入したいと考えますか?手数料の安さからネット証券をセレクトする!という人もいれば、安心感から証券会社・銀行・郵便局から購入するという人もいると思います。以前の日本では投資信託がメジャーでなか…

株式会社建国ファンドでボーナスを運用しよう!

ボーナスが入って、投資信託を始めようと思う方も多いのではないでしょうか?『投資信託』とは、投資のプロが投資先の銘柄を選び、一般の人でも買いやすいように1万円~の少額購入ができるように販売されているものを指します。少額からはじめられるうえ、投…

ハイリスク・ハイリターンが危険なわけとは?

ハイリスク・ハイリターンはその名の通り、危うさのある投資です。というのも、投資信託において値動きの幅を一般的に『リスク』と言います。リスクは『標準価格』から振れ幅を導く事が出来るようになっており、リスク(振れ幅)が大きいほど、利益にもなりや…

今後のライフプランに株式会社建国ファンドを活用

今後のライフプランニングや、日々の生活での資金管理は大変重要です。将来に向けた資金作りのためにはまず、現在保持している預貯金額やう有価証券、保険などの資産がどの程度あるのかという事を把握することが重要です。また資産だけに限らず、家や車のロ…

株式会社建国ファンドでクリアな投資を行いましょう

皆さんが投資に持つイメージにはどんなものがありますか?テレビなどのマスコミや週間誌では投資がまるで悪であるかのように報道されることが多く、意識の油歪みが起きていると考えられます。中でも多いのは、・投資はお金もちが資産をさらに増やすためにや…

カントリーリスクと株式会社建国ファンドの対処方法

株式会社建国ファンドは国外の為替市場へ投資を行っています。ですから、数ある投資のリスクの中では『カントリーリスク』に左右されやすいという事が言えます。カントリーリスクと言うのは、投資の対象となる国や地域の政治状況や経済状況が株式市場へも流…

マイナス金利と株式会社建国ファンドでの資産運用

現在の日本はマイナス金利導入後から、依然として円高が続いている状態です。このままマイナス金利が続いていく事は、将来の資産形成にも大きな不安を与えて続けていくであろうと考えられています。安定した資産運用の為にはマイナス金利はデメリットしかあ…

株式会社建国ファンドなら、毎月の収益に+αの効果がある

株式会社建国ファンドは毎月分配型の投資信託です。毎月受け取ることが出来る分配金は3%です。株式会社健康ファンドの応募要件は1口100万円からとなっているので、単純計算すると1年間で36万円の収入がプラスされることになります。およそ1月分の給与がそっ…

効率の良い資産形成とは…?

分配金がもらえる投資信託とそうでないものでは、効率の良さが段違いです。ではどちらが効率の良い投資信託だと思いますか?ソレはもちろん、分配金が支払われない投資信託です。分配金が支払われる投資信託の場合、その投資信託の基準価格から毎月一定額が…

株式会社建国ファンドは銀行窓販での取り扱いがない…?

投資信託を購入する!となった場合皆さんはどこで購入しますか?手数料の安いネット証券を選ぶ!という人もいれば、安心だからという理由から、銀行や証券会社・銀行で購入するという人もいるでしょう。以前までは投資信託が知れ渡っていなかったこともあり、…

高コストで複雑な投資信託を購入すべきではない

投資信託の内容にまで深く理解を勧めてから、購入にいたる投資家は意外と少ないものです。しかし、そうやって安易に投資信託を購入してしまうと、資産は一切増えず結果的に損をしてしまうという場合も少なく無いのです。どんなファンドも、販売手数料は3%近…

投資信託で元本割れするリスクはある?

投資信託は比較的安全な資産運用の方法だと言われていますが、それでも元本割れするリスクはあるのでしょうか? ■投資信託といえども元本割れのリスクは存在するいくら投資信託といっても、金融市場で運用を行うわけですからリスクは当然のように発生します…

株式会社建国ファンドで長期投資!~情報はどこでGETする?~

投資信託のおいしい情報をゲットするにはどうしたら良いのでしょうか?まず金融機関に相談に行くという人も多いと思います。ですが、投資ビギナーの皆さんが金融機関の窓口に言っても良い情報が得られる可能性はかなり少ないと考えられます。…それは何故なの…

信託報酬の計算方法と、引き落としの時期

信託報酬の計算は毎日行われています。例えば、年間報酬信託が2%のファンドがあったとします。この場合、日割りでおよそ1日あたり0.0055%の信託報酬が毎日天引きされています。信託報酬は毎日差し引かれているため、投資家が実際に信託報酬の負担を意識する…

株式会社建国ファンドで老後貧困を回避しよう

まず貧困にならない為には、働き続けることが重要です。そういう環境に身を置くこと。結婚は問題ではありません。「一生働き抜く」という覚悟を決めれば、仕事に対する考えや姿勢が変わってきます。ですが、一生働くって一体何歳まで?と思われるかもしれま…

株式会社建国ファンドの信託報酬はどうなってる?

一言にファンドといっても、投資先や投資方法によって細かく種類が分けられています。その代表的なものが、・アクティブファンド・インデックスファンド・ETF・公社債投信です。投資信託にっかるランニングコストとして『信託報酬』が挙げられますが、ファン…

投資信託がお小遣い稼ぎに向かない理由とは?

投資信託は以外と運用にかかる経費や手数料が高いものです…。ですから、ものによっては100万円の投資信託を購入するのに3万円の手数料がかかる場合もあるのです。100万円の元手に対して3万円かかるので3%の手数料となります。かなり痛手ですよね…。他の資産…

マイナス金利下でも株式会社建国ファンドにおまかせ!

日本の資金需要が増えないのは何故でしょうか。それはきっと日本国内に投資をしたい!と思えわせるような魅力的な投資案件がまだ少ないからでしょう。バブル崩壊後の日本は、潜在的成長率が1%と世界でも類を他に見ない低い水準の推移が続いています。潜在的…

投資信託の成績が振るわない時はどうしたら良い?

最近は世界情勢もあまり良くなく、日本もそのあおりを受けて投資信託の成績が振るわない場合が多いようです。せっかく購入した投資信託でも、こうも成績が振るわないのであれば投資信託を行う意味を見失いそうになってしまいます。実際に、購入して数年で手…

投資初心者が失敗しないためには

投資初心者が一番やりがちなことは、身近な金融機関へ投資の相談をしてしまうことです。自分は「ちょっと勉強に…」と軽い気持ちで相談に行ったかもしれませんが、金融機関側からしたらよいカモにしか見えませんよね。銀行やら証券会社では投資初心者用の相談…

投資の知識を付けて、株式会社建国ファンドで資産を増やそう!

投資を行うに際して、十分な投資知識を付けることはとても重要な事です。いくら初心者が手を出しやすい投資信託といえども、全く投資知識がなくてもできるかと言えば、答えはNOです。投資信託に投資を行うのであれば、少なくとも商品の種類やリスクの危険性…

投資信託は低リスクですが、中にはハイリスクのものも存在します。

投資信託はよく低リスクの投資方法だとか、低リスク高リターンが望めるなどと言われますが、本当にそうなのでしょうか?…その答えはNOです。 本当に低リスクの投資方法なのは『個人向け国債』などの元本や利子を国が保証してくれる商品のことを言うのでしょ…

海外ETFをご存じですか?

海外ETFという物が個人投資家の間で人気を集めています。主に海外の取引所で売買が行われている商品ですが、通常の国内投資信託よりも割安な手数料全世界の株式市場に投資を行ったり、新興国への投資も可能となります。 海外ETFとは、日本以外の証券取引所で…

NISAで買ってはいけない投資信託がある?

NISA(少額投資非課税制度)口座を持ちいて投資を行う大きな理由は、値上がり益すや分配金・配当金が非課税になるから。ですが、銀行や証券会社の営業マンがオススメする投資信託はこれらのメリットが十分に得られない場合はります。またそれ以外の多くの投資…

株式会社建国ファンドでアベノミクスの恩恵に預かろう

世界の中でも日本は投資下手な国として良く題材に上がっています。でもこれな何故なのでしょうか?投資を行っている人の資産配分を分析してみると、投資のほとんどをリスクの大きい株式投資につぎ込んでいる人が多いことが分かっています。それに対して欧米…

毎月分配型投資に向いている人・いない人

毎月分配金を受け取れる『毎月分配型投資』が注目を集めています。この投資手法には、一体どんな人が向いているのでしょうか?反対に向かない人はどんな人なのでしょうか? ■毎月分配型投資に向いている人毎月分配型投資信託は『お金を使う人に向いています…

株式投資信託について

株式投資信託とは、株式を投資信託に組み入れることができる投資信託を指します。『組み入れることができる?』というキーワードにピンときた方はなかなか筋が良い人でしょう。実は投資信託の中に株式投資が1%でも含まれていれば、その投資信託の大半が債権…

株式会社建国ファンドで元本の確保を図ろう!

投資において元本保証がされている商品とのいうのは極めて珍しい商品です。しかし元本保証がついている商品はリターンの上限値が決められているため、とても良い運用成績を飾ったとしても貰えるリターンがあらかじめ決まっているのです。投資に「おいて、こ…

遠い未来も変わらぬファンドを見つけよう

投資信託を相続することにより、名義変更さえ行えば子やまたその子へと伝承することができます。遠い未来の子孫に残るものをと考えた時に『100年債も変わらぬファンド』を選ぶことは大変重要なポイントです。 ■未来に残すファンド選び・繰り上げ償還されない…

投資で失敗しないためにも

はじめて投資を行うという人に人気なのが『投資信託』。このブログを読んで下さっている人の中にも、「そろそろ始めてみようか…」なんて思っている人も多いのではないだろうか。いま現在の投資環境はどうなのかというと、株式市場はまだまだ割安と言える水準…

株式会社建国ファンドでお金を動かす

マイナス金利政策がスタートしたことにより、お金を銀行に寝かせておく必要が無くなりました。高金利だった20年前は1000万円預けていたら年率にしておよそ70万円~90万円程度の利息が付いたのに対して、現在では1000万円預けたとしても35000円ほどの利息しか…

元本を守れる投資商品はある?

投資はついリターンを重視してしまいがちですが、リスクにもしっかり目を通しましょう。一般的にリターンが大きい投資と言うものはリスクも同じように大きいケースが多いです。リスクが大きい金融商品は万が一の場合、元本を保証できない場合もあるので、そ…

投資信託の税制を把握しましょう

投資信託にかかる手数料や利子は間接的に引かれているため、意識する事もすくないかと思います。しかし、こういった諸雑費や税金などもコストの1つと捉えて考えることも重要なのです。今回は、・どんなときに・どれくらいのお金がかかるのかと言う事を詳しく…

金融機関が手数料の高い投資信託を売りたいわけとは?

さまざまな種類のある投資信託でも、インデックスファンドは比較的手数料が安いほうだと言われています。しかし、金融機関はこのインデックスファンドを喜んで売ろうとはしません。それは、金融機関があまり儲けが入らないためです。金融機関は手数料を多く…

ビギナーは株式会社建国ファンド以外のセミナーに出るべき?

投資信託をこれから始めようとしているビギナーの皆さんになかには、セミナーなどに参加して投資の基礎知識から金融商品の種類などを学んだという人も多いのではないでしょうか?プロ・アマ関係なく、最低限の知識は備えておいた方が今後の投資に有効になっ…

投資信託は1社で運営しているわけではない?

投資信託の仕組みはいくつかの会社が共同で役割を分担することで運営を行っています。主に例に挙げられるのは、・販売会社・運用会社・受託会社の3社です。 投資信託の販売に関しては、銀行や証券会社が請け負う事が多いのですが、投資自体に関わる業務は3社…

まずは試しに、株式会社建国ファンドの投資信託を購入してみよう!

何に付けても同じ事が言えますが、投資信託においても『まず始めてみること』が重要になってきます。しかし、投資は自分のお金を取引に使われてしまう為、良い結果にもなれば、悪い結果になてしまう恐れも十分あります。試しに始めてみる金額として一番言わ…

非課税投資枠の賢い使い方

結論を先に言ってしまうと課税投資枠の賢し使い方は、長期投資向けの株や投資信託を購入することだと言えます。順調に株価が上昇し5年目に突入すれば、一旦売ることで新しい非課税枠を購入することが出来ます。買い直すことでまた5年間は非課税の状態をキー…

30~40代にオススメな資産運用

30~40代というライフステージは、家族構成も殆ど決まり、「これからどうやって将来に向けての生計を立てて行こうか」という事を考える年代でもあります。住宅ローンや子供の教育資金、また保険の見直しなどを踏まえて、家計の収支を総合的に見極めることが…

ファンドにも投資のリスクが存在します

ファンドや投資信託は投資の中でも比較的リスクは少ない方だと言われていますが、それでもリスクはゼロではありません。今回はファンドにかかるリスクを紹介します。 ●金利変動にかかるリスク 金利が著しく変化すると、それに伴いリスクも大きくなります。金…

当たり前のリスクを排除して、資産家の運用目標を支えます

今、収入以外の場所から将来に受けた資金を蓄える方法として、ファンドの人気が高まっています。FXなどのリスクの高い投資と違って、初心者でも運用が田安いファンドや投資信託は。元本保持のためのリスク間管理がしっかりとしているので投資に対する安心感…

投資ビギナーこそ、株式会社建国ファンドで資産運用を始めよう

一般的に投資には、・短期投資・長期投資の2種類があると言われています。短期投資の方が高いリターンが見込めますが、同時に投資にかかるリスクも大きいとされていますので、初心者の方は長期投資から始めるのが良いでしょう。 株価は日々価格が上下に変化…

トレーディングシステムで選ぶなら、株式会社建国ファンド

それぞれの投資信託には特徴的なシステムが用意されていますが、中でも株式会社建国ファンドは最大源のリスク回避が出来るトレーディングシステムを兼ね備えています。 一般的な投資信託では、ファンドマネージャーと呼ばれる人が在籍しており、この人を中心…

資産運用にかかわるリスク

株式会社建国ファンドで運用行う際には、単に資産を増やすだけではなく、その資産の使い道や目的に対して鮮明なイメージを思い起こすことが重要です。草すれば、目的に合った運用期間と目標金額がおのずと見えてくるでしょう。次に考えるべきは許容リスクに…

NISAを利用すると税金で引かれる分がなくなる…!?

NISA(小額頭皮非課税)を使うと利益から引かれる税金がなくなるということはご存知ですか?NISAは2014年に開始された制度で、投資によって得た利益の20%が税金となってしまうのをとめることが出来ます。つまり投資の利益がそっくり非課税になるのです。たと…

NISAとは!?

2014年から開始したNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)をご存じですか?一般的に、投資信託や株を取引する中で利益が出ると、出た利益の20%は税金として惹かれてしまいます。(例えば)10万円の利益が出ていた場合、税金が引かれて手元に残る資金は8万円となり…