株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

株式会社建国ファンドで元本の確保を図ろう!

投資において元本保証がされている商品とのいうのは極めて珍しい商品です。
しかし元本保証がついている商品はリターンの上限値が決められているため、とても良い運用成績を飾ったとしても貰えるリターンがあらかじめ決まっているのです。
投資に「おいて、これはとても面白みのない事例でしょう。
ですから、投資を最も効率的に動かすためにはリスクを最小限にした運用を行うファンドを選ぶ必要があるのです。
株式会社建国ファンドはご存じのように、コンピュータ・トレーディング・システムを使うことによって投資のリスクを元本から遠ざけることができています。

株式会社建国ファンドは、投資で重要な
①長期間運用
分散投資
③普通分配金
がそろっており、それにプラスするかたちで『リスクヘッジ』にも力を入れていますので、投資家さまの将来の資産形成に必ず役立つと思われます。
資産形成を行う事は今後の未来をいきていく上でとても重要ですので、若いうちから株式会社建国ファンドで資産運用を始めましょう。

遠い未来も変わらぬファンドを見つけよう

投資信託を相続することにより、名義変更さえ行えば子やまたその子へと伝承することができます。
遠い未来の子孫に残るものをと考えた時に『100年債も変わらぬファンド』を選ぶことは大変重要なポイントです。

■未来に残すファンド選び
・繰り上げ償還されないこと(途中償還とも言います)
・運用方針が変わらないこと
遠い未来に残すとなると、本来の投資信託よりもずっと長い期間の運用になりますので、信託期間が定められているファンドは論外です。
また信託期間の定めがないファンドだったとしても、繰り上げ償還される可能性がゼロに近い投資信託を選ぶことがコツです。
そう考えると、従来のアクティブファンドでは運用方針が変わってしまう恐れがあるので注意しましょう。

■時代に合わせたファンド選びを
アクティブファンドはその時代に合った運用方法で最高のパフォーマンスを得るファンドです。
ですから、資産規模によっては投資対象が変化する可能性も考えられます。
株式会社建国ファンドならばずっと先の未来に残す資産形成にもお役立ていただけます。

投資で失敗しないためにも

はじめて投資を行うという人に人気なのが『投資信託』。
このブログを読んで下さっている人の中にも、「そろそろ始めてみようか…」なんて思っている人も多いのではないだろうか。
いま現在の投資環境はどうなのかというと、株式市場はまだまだ割安と言える水準を保っている。
投資の目的が資産形成だという人にとっては悪くない状況だろう。
かといって、闇雲に投資信託を始めてしまうのは良くないこと、今日は投資信託をはじめる際のちょとしたポイントを紹介していく。


■金融機関からオススメされた投資信託買ってはいけない
どこの金融機関も投資信託の販売に躍起になっている。
その理由は、マイナス金利が導入されたいま『販売手数料』が多く見込める投資信託が銀行の命綱であるからだ。
銀行はお金を保有していることから安心感があるかも知れないが、この銀行が扱っている投資信託は販売手数料・信託報酬ともに高額の場合が多い。
金融機関は手数料が高い商品を販売したがる傾向にあるが、だからといって必ずしも運用成績の良い投資信託をいうわけではないので注意が必要だ。

それでは、金融機関ではなかったらどこから投資信託を購入すれば良いのか、それはネット証券だ。
ネット証券であれば、証券マンのセールストークに惑わされることなく、自分にあった投資信託を見つけることができるだろう。

株式会社建国ファンドでお金を動かす

マイナス金利政策がスタートしたことにより、お金を銀行に寝かせておく必要が無くなりました。
金利だった20年前は1000万円預けていたら年率にしておよそ70万円~90万円程度の利息が付いたのに対して、現在では1000万円預けたとしても35000円ほどの利息しか付かないのです。
またそこから20%が税金として差し引かれますので、手元には23000円しか残らない計算になります。
これでは、家族旅行にも充てられません。
ですのでこれからの時代はお金にも働いてもらいましょう。
株式会社建国ファンドのような投資信託を使えば、安全かつ手軽に将来の資金を蓄えることが可能です。

■しばらく使わないお金は運用に回しましょう
もししばらく使わない100万円を持っていたら、貴方はどこに預けますか?
もちろん銀行に預けるといった意見が多いでしょうが、先ほども説明したように銀行にお金を預けていてもほとんど利益にはなりません。
ですからこういったお金は投資信託で運用を行う事で将来の資産に計上するようにしましょう。

元本を守れる投資商品はある?

投資はついリターンを重視してしまいがちですが、
リスクにもしっかり目を通しましょう。
一般的にリターンが大きい投資と言うものはリスクも同じように大きいケースが多いです。
リスクが大きい金融商品は万が一の場合、元本を保証できない場合もあるので、その事も踏まえて投資を行う金融商品を選ぶ必要があるのです。
それでは、元本を確実に守ってリターンを受け取れる金融商品が存在するのかを確かめてみましょう。


■初心者にオススメ、『個人向け国債
元本保証というポイントにおいては確実だと言われている金融商品です。
個人向け国債の投資先は国になりますので、安全性が高い人気商品でもあります。
その反面リターンが少なく、簡単に引き落とす事ができないという面も持っています。
リスク度 ☆
リターン度 ☆

■急成長の人気商品、REIT(不動産投資信託)
不動産投資を証券化できるREITは、少額からでも始めることができる。
金融機関で取り扱われている投資信託よりも利回り非常に良いのがメリット。
でも、投資信託であるがゆえに何かと手数料が取られてしまうのがネックです。
最近ではワンルームマンションなどへの直接投資の授与が高まっています。
リスク度 ☆
リターン度 ☆☆☆☆

投資信託の税制を把握しましょう

投資信託にかかる手数料や利子は間接的に引かれているため、意識する事もすくないかと思います。
しかし、こういった諸雑費や税金などもコストの1つと捉えて考えることも重要なのです。
今回は、
・どんなときに
・どれくらいの
お金がかかるのかと言う事を詳しく見ていきましょう。


■売却時にかかるコスト
投資信託保有している時だけでなく、売却した際にもコストがかかると言う事を覚えておきましょう。
売却時にかかる税金は『譲渡所得』として収益の20%が差し引かれます。
譲渡所得については確定申告が必要なのですが、『特定口座』での源泉徴収ありの取引方法を選択することで確定申告が不要になり舞うS。


保有時にかかるコスト
上記でも紹介した通り、投資信託保有している際にも当然コストはかかります。
分配金を受け取ると『配当所得』とみなされ、譲渡所得と同じように20%の税率で差し引かれます。
この配当所得は源泉徴収されるため、確定申告の必要はありません。
ただしすべての分配金が『配当所得』にあたるわけではなく、思うように収益を挙げられず投資元本が払い戻される「特別分配」の場合は非課税となります。

こういったコストは株式会社建国ファンドで資産運用を行う際も必要と成りますので、しっかり把握しておきましょう。

金融機関が手数料の高い投資信託を売りたいわけとは?

さまざまな種類のある投資信託でも、インデックスファンドは比較的手数料が安いほうだと言われています。
しかし、金融機関はこのインデックスファンドを喜んで売ろうとはしません。
それは、金融機関があまり儲けが入らないためです。
金融機関は手数料を多く取ることで収益をあげているため、そもそも手数料の低いインデックスファンドを持っていても金融はちっとも儲からないのです。
金融機関によっては、インデックスファンドの購入先をインターネットに限定している場合があります。


■手数料の安いファンドに人気が集まっている
こうした金融機関の小癪な技に気付いた人が次に投資先を決めたのがETFです。
ETFとは、手数料がとても安い投資信託の事で、最近では投資信託の純資産ランキングでも上位に食い込む程の人気ぶりを見せています。
しかしまだ全体で見ると、旧来型の投資信託を選択する人も少なくありません。
金融機関側もあの手この手で手数料の高い投資信託を勧めてくるでしょうが、騙されないようにしましょう。