株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

30~40代にオススメな資産運用

30~40代というライフステージは、家族構成も殆ど決まり、「これからどうやって将来に向けての生計を立てて行こうか」という事を考える年代でもあります。
住宅ローンや子供の教育資金、また保険の見直しなどを踏まえて、家計の収支を総合的に見極めることが重要になります。
また全世代のうち、この年代の支出が一番大きいとされており、この期間に資産運用を考え始めるという人も多いのです。
現在人気の長期運用型の資産運用も、30~40代から始めた方が将来に繋がると言われています。
また長期運用を委託する投資信託やファンドは安心感と信頼があり、また実績もある会社を選んだほうがよりリスクが少ないと言えます。
この投資会社選びに失敗してしまうと、将来の資産が少なくなってしまったり、最悪の場合ゼロにもなりかねないので、慎重に選ぶようにしましょう。

また現在、そんなに将来の事に関して心配をしていないという方は今後の日本経済について良く考えなおしてください。
老後は「年金がもらえるから大丈夫」と思っているかもしれませんが、年金の受給額は年々減少してきており、今の若者世代が定年を迎えた頃にはいくら貰えるのかが分からない状況が続くのです。
未来の事は分かりにくく、誰もが不安に思う事でしょう。
ですから、その為の備えを今からやっておく必要があるのです。

ファンドにも投資のリスクが存在します

ファンドや投資信託は投資の中でも比較的リスクは少ない方だと言われていますが、それでもリスクはゼロではありません。
今回はファンドにかかるリスクを紹介します。

金利変動にかかるリスク

金利が著しく変化すると、それに伴いリスクも大きくなります。
金利の上昇が起こると証券が下落する事がこのリスクの原因だと言われています。
リスク対策が万全と言っても、急な金利変動には対応しかねる場合もあります。

●カントリーにかかるリスク

投資先の国の経済状況・政治動向などにより市場が混乱する場合があります。
有価証券などはこのリスクに大きな影響を受けますので時には不利益を起こすケースもあり得ます。
先進国よりも新興国の財政が虚弱的と言われますが、市場によっては投資制限がおかれる事もあります。

●事業者にかかるリスク

運営を行う事業者の力量が足りずに利益を生み出せないリスクがこれに当たります。
それぞれのファンド・投資信託ではこの事業者のリスクを減らす最大源の努力を行っています。

地震・天災にかかるリスク

やむを得ない天災により、差損が生じるリスクです。
人の手ではどうにも出来ないリスクのため、投資の皆さまにはご了承を頂くしかありません。

当たり前のリスクを排除して、資産家の運用目標を支えます

今、収入以外の場所から将来に受けた資金を蓄える方法として、ファンドの人気が高まっています。
FXなどのリスクの高い投資と違って、初心者でも運用が田安いファンドや投資信託は。元本保持のためのリスク間管理がしっかりとしているので投資に対する安心感が違います。
また株式会社建国ファンドはリスク管理を徹底する工夫として、『コンピュータ・トレーディング・システム』を採用しております。
この事により、世界の為替市場を監視下に置きながら自動的に売買を行ってくれるので、損切りを早い段階で行いリスクを全体の1~3%の留めてくれます。
またトレンドを監視しながらの投資になるので、トレンドが上昇になれば、合わせて買い立てを行ってくれます。
このように、株式会社建国ファンドではコンピュータシステムにより人間の感情を介さない運用に力を入れています。
人間の感情は時により、判断を鈍らせて不利益を生み出す可能性がある為です。
こうした当たり前のリスクを排除することにより、株式会社建国ファンドは投資家様の資産運用を確実化するサポートを行っています。

投資ビギナーこそ、株式会社建国ファンドで資産運用を始めよう

一般的に投資には、
・短期投資
・長期投資
の2種類があると言われています。
短期投資の方が高いリターンが見込めますが、同時に投資にかかるリスクも大きいとされていますので、初心者の方は長期投資から始めるのが良いでしょう。

株価は日々価格が上下に変化しています。
短期投資の場合、この価格の変動を読み取る力が必要とされますが、長期投資の場合は激しく変動する株価に左右されることなく安定した投資を行う事が可能です。
また投資先を複数に分けておくことが出来るので1つの投資に掛かるリスクを分散することが可能です。
初心者の方は投資の安定性よりも利益にばかり目が行ってしまいがちですが、それよりも注目すべきは投資のリスクだと考えましょう。
長期投資の場合はリスクを被ることなく、順調に資産を増やす事が可能です。
しかし長期の投資となるため、いますぐに資金が手元にやってこないというデメリットも持っています。

しかし、安定した老後貯蓄のためには、株式会社建国ファンドで長期投資を行うのがベストだと言えます。

トレーディングシステムで選ぶなら、株式会社建国ファンド

それぞれの投資信託には特徴的なシステムが用意されていますが、中でも株式会社建国ファンドは最大源のリスク回避が出来るトレーディングシステムを兼ね備えています。

一般的な投資信託では、ファンドマネージャーと呼ばれる人が在籍しており、この人を中心として投資家から集めたお金を駆使して投資を行っています。
ですからファンドマネージャという役割の人は市場を常に監視し、売れ行きや動向を常に把握していないと、跳んでもない不利益を産んでしまうのです。
しかしファンドマネージャーも人間ですので、いつも成功ばかりという訳ではありません。
投資家から集めた大切な資金といえど、時には不利益になってしまう場合もあります。

株式会社建国ファンドではこのファンドマネージャーの変わりに独自のトレーディング・システムを配備しています。
システムにより市場の動向を把握することができ、最適なタイミングで取引する事が可能なのです。

資産運用にかかわるリスク

株式会社建国ファンドで運用行う際には、単に資産を増やすだけではなく、その資産の使い道や目的に対して鮮明なイメージを思い起こすことが重要です。
草すれば、目的に合った運用期間と目標金額がおのずと見えてくるでしょう。
次に考えるべきは許容リスクになります。
この許容リスクは大きく分けに2通りあると言われています。

・運用期間のリスク
投資にかかるリスクは、短期的なものほど大きく、長期的なもの程リスクが平準化されていると言われています。
1~2年ほどの短期間の投資のほうがリスクが少ないイメージを持つ人が多いですが、その分変動肌が大きいのでリスクは少ないとは言えないのです。
リスクが少ないのは20~30年の長期投資と言われており、変動肌も少ないといわれています。
ですから、運用期間を長期的に取れる資金の場合、一定リスクをとることで、運用が成功しやすくなるのです。
反対に、短期間で確実に利益を求める資産の場合は、こういったリスクが高い投資は行わないほうが良いと考えられます。

NISAを利用すると税金で引かれる分がなくなる…!?

NISA(小額頭皮非課税)を使うと利益から引かれる税金がなくなるということはご存知ですか?
NISAは2014年に開始された制度で、投資によって得た利益の20%が税金となってしまうのをとめることが出来ます。
つまり投資の利益がそっくり非課税になるのです。
たとえば、投資によっていた利益が50万円だとしましょう。
一般的にはこの利益分の20%…10万円が税金となるので、手元に残るのは40万円ということになります。
50万円がそのまま利益となるので今すぐにでもNISAを始めたいと思うかも知れませんが、NISAを始めるためにはいくつかの決まりごとがあります。
・日本国内に住む20歳以上の成人であること、や
・NISA講座で取引が可能なのは年間120万円までなどの制約があるため、大きすぎるリターンの場合はNISAを使うことは出来ません。
また投資信託の買い付けに関しては、原則的に1人に対して1金融機関・1口座までと厳しい規制があります。
しかしNISAを利用して賢く資産運用が出来ることは明らかです。これを期にNISAを始めてみるのはいかがでしょうか?