株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

世代別に資産運用を考えてみよう

資産運用の考え方は、個人の年齢やライフスタイルなどによって違ってきます。

■若い世代
この世代は収入はそんなに多くないが、使いたいお金は割と自由に使える時期ではないでしょうか。
資産全部を使いきってしまうのではなく、結婚資金や住宅購入などに目を向けて将来のために備えた資金作りを心がけることが大切です。
若い世代から資産運用を始めれば長期的な運用もできますし、多少リスクがあったとしても、値上がり益を狙った投資信託を選ぶことができるでしょう。

■働き盛り世代
子どもを出産したり住宅ローン返済などの支出が多い時期は、資産をいかに効率よく増やすかが重要になってきます。
毎月の支払いに追われてしまう時期ではありますが、子どもの将来や自分たちの老後のことを考えると、安全性の高い投資信託を選択し準備していくことが大切になってきます。
セカンドライフ直前世代
限られた年金貯蓄内で充実したゆとりあるセカンドライフ(老後)を送るために、資産を安全に守っていく必要があります。
毎月必ず必要になる資金を把握しながら、リスクの低い投資信託を考えてみましょう。

このように大きく3つの世代分けて考えてみると、資産運用の考え方も違ってきますが、k株式会社建国ファンドではどの世代でもライフステージに応じた資産運用が可能です。
安全性の高い投資信託で、将来のための資産作りをしていきましょう。

投資信託の3つの特徴

投資信託はファンドとも呼ばれています。
投資家よりお金を集め、プロが分散投資で運用を行う方法です。
運用で発生した損失と利益は、投資した金額に応じて分配金として受け取ることができます。
運用をプロに任せる方法なので、投資の知識が乏しい人で気軽に利用することが可能です。
では、投資信託の特徴についてご説明します。

まず、委託するファンドによって異なりますが、積立型なら少額投資で始めることが可能です。
手元に大金がなくても資産運用を始められることがメリットと言えます。
ただし、投資信託は投資なので、預金とは異なり元本の保証がありません。
元本を保護した運用を実現したい方には向きません。
また、ファンドを選ぶ際は、元本割れが起きないように損切りに徹底しているなどリスク管理がしっかりしたところを見極めましょう。
なお、運用を代行してもらう方法であるため、毎年一定の信託報酬()をファンド側に支払わないとなりません。
信託報酬はファンドによって異なるので、しっかりチェックしましょう。

誰でも始めやすい資産運用ですが、もちろんリスクは存在します。
なので、そのリスクや特徴をしっかり把握したうえで、投資信託で資産運用を行いましょう。

株式会社建国ファンドに運用リスクはあるの?

株式会社建国ファンドでは「コンピュータ・トレーディング・システム」という独自開発のシステムを導入しています。
このシステムは、世界の為替市場をいつでもモニタリングしているため、どんな変動にも対応できるメリットがあるのです。
そして、資産元本の保護を優先にしているので、システムが動向に合わせて公平に売買を行い、利益を得ていく仕組みとなります。
安定した運用に魅力がある建国ファンドですが、当然予期せぬリスクも存在するのでしっかり理解しておきましょう。

まず、株式会社建国ファンドは日本の上場株式ではなく、世界中の外国為替を取引対象にしています。
なので、取引対象となっている国の政治や経済、社会情勢などが変化し、そこで市場が混乱すると、有価証券の価格が変動するリスクがあるのです。
特に新興国は先進国に比べて経済が脆弱傾向にあるため、変動リスクが高いと言えます。
また、政治不安や外交悪化、海外から投資の制限を導入される場合もあるのです。
他にも、突然の地震や火災など自然災害から差損が発生する場合があります。

このように、株式会社建国ファンドでも利益を得られないリスクは当然存在します。
しかし、これらのリスクは株式会社建国ファンドのみに限らないことを、投資信託を始めるうえで理解しておきましょう。

宝くじが当たったら資産運用を考える?

もしも話になりますが、突然何億円もの宝くじが当選したら誰もが戸惑うことでしょう。
思いのままに消費していけばいつの間にか無くなってしまう…なんていうこともあるかもしれません。
しかし、もしも当選金で資産運用したらどうなるのでしょうか?
たった1%の運用で年間700万円、2%で14万円…とどんどん利益を得ることになります。
手元に大きなお金がある程、資産運用によって手にする利益も大きくなってくいくのです。
お金の使い方には色々な考え方がありますが、お金の価値を守りたいがために、投資するという人もいます。
将来のインフレの準備として、物価が上がる分リターンさせる必要があるためでもあるでしょう。
もちろん金融資産だけでなく、不動産や物資産に投資することで家賃の収入を得ることができるので資産を分散させるという考え方もあります。
建国ファンドでは、まとまった大きなお金でなくても、超少額投資からスタートさせることができる投資信託です。
プロに任せるため、始めるにあたり多くの知識は必要ないので自分ではできないような投資方法で運用できるでしょう。

マイナス金利だからこそ株式会社建国ファンドで運用

マイナス金利という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。
通常、銀行に貯金をするとわずかな利息が付き、少しずつ増えていきます。
しかし、マイナス金利では、その利子分を銀行へ支払う必要があるのです。
ですが、現段階は日本銀行と各金融機関の金利のことであり、今のところは預金利子がマイナスになるわけではありません。
この政策は日本銀行にお金を預けるより、企業などへ貸し出して金利収入を得る、または他の投資へ回すといった動きを促す目的があります。

しかし、デメリットとしては、日本銀行と各金融会社のやり取りで発生するマイナス0.1%はどこが負担するかということです。
消費者が銀行でお金の融資を受けた時の金利は、安くなると考えられます。
ですが、以前より利益が上がらなければ、預金している消費者に負担を課せられる可能性があるのです。
現在はマイナス金利0.1%ですが、今後も拡大する可能性は否定できません。
そうなると民間銀行への負担が大きくなり、そのために預金者からお金を徴収する必要がでてくるかもしれません。


なので、預金だけが資産運用に有効とは言えないでしょう。
安定した老後を望むのであれば、投資などで資産運用をすると良いでしょう。
株式会社建国ファンドではリスク管理を重視した運用を行ってくれるファンドなのでおすすめです。

投資信託なら株式会社建国ファンドにおまかせ

『株式会社建国ファンド』がどのような会社なのか想像しにくい方もいらっしゃると思います。
『株式会社建国ファンド』は、いわゆる『投資信託』に当てはまります。

ここで『投資信託』って一体何?と思われた方もいらっしゃると思います。

"「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や 債券 などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。
-投資信託協会-"

『株式会社建国ファンド』の投資信託の場合、実際の投資は投資のプロが投資家様に変わって行いますので、投資家様自陣が株の値動きをチェックしてリスキーな投資を行う必要はありません。
しかし、投資家のプロといえども、いつも利益を生み出せるわけではありません。
この事は、株式会社建国ファンドに限らず、全てのファンドに言える事です。

 

取引報告書について

ファンドから送られてくる取引報告書にはそんな事がかいてあるのでしょうか?
またどんな時に送られてくる物なのでしょうか?

取引報告書に記載してある主な事柄は、以下の通りとなります。
①約定日:取引が成立した日にち
②換算日:購入した際の申し込み代金、または換金時の手取り金が清算される日にち
③銘柄名・購入、もしくは換金された投資信託
④約定金額:
購入時→投資信託の購入金額
1万口当たりの単価×数量(口数)÷10,000
換金時→投資信託の換金金額(税引き前)
1万口当たりの単価×数量(口数)÷10,000
⑤清算金額:購入時に支払う申し込み代金、換金時には差し引かれた税金の金額
⑥手数料・税金:購入時には手数料、換金時には差し引かれた税金の金額

これらの事柄が、実施に申し込みや換金をした内容と合っているかを必ず確かめるようにしましょう。
万が一、問題を感じた場合には、取引報告書に記載されている販売会社(本・支店)に直接確認を取る事が大切です。
また取引報告書はなくなさいように保管しておきましょう。