読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

投資信託の分配金について

いま、数多くの投資信託の中でも人気を集めているものがあります。
それは、『分配金のある投資信託』です。
では、この分配金は一体なんなのでしょうか?
分配金はいつも一定の金額を受け取ることは可能なのでしょうか?
そして、投資信託の分配金の財源はどこなのでしょうか?

投資信託には「定期的に分配金を受け取れる投資信託」と「分配金を受け取る事が出来ない投資信託」の2種類が存在します。
この時、「分配金を受け取れない投資信託は損でなないのか?」という疑問が生まれますよね。
しかし、実はそうではありません。
投資信託とは、皆さんから集めた資金を1つの資産と考え、この資金を使い株券や債券に投資を行うことで利益を出しています。
このとき、投資を行った企業からは「配当金」を、債権からは「利子収入」を受け取る事が出来ます。
また、株式や債券の売買取引時には「売買益」が生じる場合もあります。
この3つは、投資によって得た利益とはまた別のものであり、分配金が受け取れる投資信託の財源(=「分配資源」)はこの「配当金」・「利子収入」・「売買益」となるのです。

この時、分配金を受け取れない投資信託の場合はどうなるのかと言いますと、収益である「配当金」・「利子収入」・「売買益」は投資信託の信託財産の中に蓄積することとなります。
このことにより、分配金を受け取る事が出来ない投資信託は、分配金を受け取れる投資信託よりも長期的に見た場合の福利効果が大きいという結果になるのです。
なお、分配金の受け取れない投資信託は、401Kで平行運用されているインデックス運用のバランス型投資信託や、運用が3~4年と短い期間で行われる「短期型」の投資信託に多く見られる傾向にあります。
加えて、「配当金」・「利子収入」・「売買益」などの収益分配金と分配資源はは、株価や為替などの値動きの変動を受けやすいため、その時の状況次第では受け取れる分配金の金額が前回を下回ることもあれば、最悪の場合まったく受け取る事が出来ない場合もあるので、それなりのリスクとして覚えておきましょう。


●分配金についてのまとめ

①分配金の資源は投資より得た「配当金」・「利子収入」・「売買益」であること。
②受け取れる分配金は一定ではなく、その状況によっては増減したり、最悪の場合全く受け取れない事もある。
③分配金の支払い方法はその投資信託によって異なり、いくつかのタイプに分かれる。

投資信託がビギナーに優しい理由

株式会社建国ファンドでは、コンピュータシステム運用によって運用リスクの低い資金運用を実現しています。
そのため、初めて投資を行いたいと考えている方にもおすすめの方法と言えます。
そもそも投資信託自体は、投資ビギナーに向いている方法です。
では、どうして投資信託がビギナーに優しいのでしょうか?


■資金運用のプロにおまかせできる

投資を行う際にまず悩むところは銘柄選びではないでしょうか?
どの銘柄を選べば確実に利益を出すことができるか、どの銘柄が有望で成長性があるのかを見極めなくてはなりません。
たくさん投資について勉強し、良い銘柄を見つけたとしてもいつ買ったら良いのか、いつ売れば良いのかなど、問題は山積みとなってしまいます。
投資信託の場合、投資家から集めた資金を使って投資のプロが運用していく金融商品となります。
プロが銘柄選びから企業調査・経済なども全て行ってくれるため、投資ビギナーでも始めやすい投資となります。
初心者でよく分かっていないまま投資するよりもプロに任せた方が確実に資金を動かすことができるでしょう。


分散投資も可能

投資のリスクで一番怖いのは、一つの銘柄に大きく資金を運用させることです。
一つの銘柄に大きく資金を運用させてしまうと、一度の失敗で大金を失くしてしまう恐れがあります。
そのため、複数の銘柄に分散投資するのがおすすめです。
ただ、先程も書いたように値動きが違う銘柄を複数選ぶことは、とても大変です。
投資信託であればすぐに資産配分などを考えるため効果的な分散投資が手軽に行えるでしょう。


■長期保有によって資産が成長するのを待てる

投資信託というものはそもそも中長期向けに作られたものです。
値動きはかなり緩やかで短期売買には向かないと言えます。
しかし、長期保有を行うと複利を活かして再投資することができるため、日々変動する値動きに一喜一憂することなく収益をコツコツと育てていくことができるのです。


銘柄を選ぶことはとても難しいですが、投資のプロである投資信託に任せることで投資に不安を持つ投資ビギナーでも安心して投資を行うことができるのです。
投資信託にも様々な商品がありますが、中でもオススメなのは株式会社建国ファンドです。
完全自動化したコンピュータシステムに加え、トレンドフォロー手法や損切り、投資元本の保護最優先のリスク管理が徹底されています。
自分のタイプに合わせて投資信託の商品を選ぶことができるため、目的を明確にしきちんと自分に合わせた商品を選ぶようにしましょう。

投資信託のメリット・デメリット

将来の事を考えて資産運用を始めたいと考えている方にとって、投資信託はオススメ出来る運用方法です。
自分の資産を投資に関する知識が豊富なプロ(ファンドマネージャー)に任せる事で、自分の代わりに資産運用をしていってくれます。
投資家が出した資金をまとめて大きな資金にするため、自分では出来ないような投資方法を行ったりなど、専門家に任せる事で様々な方法で運用してくれます。
なので、投資に関して知識が少ない人でも、手軽に資産運用を始める事が出来るです。

投資信託のメリットとは
・多くの知識は必要ない
上記でも記述したように、プロに任せる為難しい事を覚える必要がありません。
投資をしたいけど、自分には理解する事が難しかったり、勉強をする時間を取れない人にはオススメ出来る投資方法です。

・少額から始められる
投資信託は1万円などの少ない金額からでも始める事が出来ます。
積み立ての場合は、500円や1000円などでも始められ、纏まったお金が必要ないので始めやすいでしょう。

・リスクを軽減できる
投資信託分散投資です。
なので、投資先が複数になる為その分リスクを軽減する事が可能です。

投資信託のデメリット

初心者でも始めやすい投資信託ですが、やはりデメリットもあります。

・元本保証がない
利益が出なかったり、購入した金額よりも下回る事も考えられます。
急に変動してしまう事もある為、仕方のない事ですが実際にリスクを受けた場合の心のダメージは大きいです。

・手数料が掛かってしまう
自分の代わりに資産を運用してもらうので、運用してくれる会社に費用を払わなければいけません。

・選択に迷う
資産を預ける先を探すのに苦労する人も多いです。
大切なお金を他人に渡して管理してもらうので、少なからず抵抗がある人も多いでしょう。
その中で、どの会社に絞って資産運用をお願いするのかを決めるのは難しいでしょう。
様々な会社を確認し、自分に合いそうな企業を選びましょう。


このように投資信託にも様々なメリットとデメリットがあります。
自分でしない分、面倒は少ないですがデメリットもある事を忘れずに始めていきましょう。
投資信託を行う先の運用方法やリスク管理方法などもしっかりと把握し、なにかあればすぐに相談出来るよう、事前に調べておきましょう。
大切な資金を任せられるファンドマネジャーを探して、これからの生活に少しでもゆとりが出来るよう、自分でも努力をしていく事が大切です。

 

安定した投資をし充実した老後を過ごそう!

一人当たり、老後にかかる費用というのが3000万円と言われています。
もう少し、優雅で余裕のある生活がしたいという場合には5000万円必要になります。
なぜ、3000万円なのかというとこれは定年を迎え退職したあと年金が支給されるまで、空白の期間というものがあります。
この期間、給料をもらうことができないため、補う必要があります。
それにプラスして、現在年金支給額が年々減ってきています。
ですので、将来支給されるであろう年金だけでは十分に満足できる生活を手に入れることが難しくなります。
更に、老後を迎えると怪我や病気へのリスクが大きくなってしまいます。
こういった面を補うためにも、3000万円程度資金があると安心できます。
ただ、生活スタイルや家族構成、今後どうなっていくかわからない物価状況によって、必要な資金というのは変動してきます。

 

■老後を楽しむための秘訣

老後を安心して過ごしたい!と思っている人は、きっと若いうちから定期預金をしたい、貯金を多くしたりするかと思いますが、現在の日本では低金利化が進んでいる為、頑張って何十年預金をし続けたとしても、受け取ることのできる利息は微々たるものです。

預金をして微々たる利息をうけとる…のであれば、将来の為に投資をした方が、余程安定した暮らしができる資金を持つことができます。

しかし、投資…初心者や専門用語がわからないと損をしてしまうイメージがあります。
せっかく貯めた資金を投資の為に使い、大損してしまう…かなりのショックになります。

■投資元金を守ってくれる株式会社建国ファンド

そこでおすすめなのが、株式会社建国ファンドです。
株式会社建国ファンドでは、個人の運用リスクを抑えるために、投資元本の保護を第一優先に考えた、リスク管理をしています。
こうした厳重なリスク管理をすることによって、長期的な資産運用を実現させることができます。

他にも株式会社建国ファンドでは、コンピューターのシステムで運用をしているので、365日、24時間休むことなく世界の市場を把握しています。
その為、市場の変動に関係なくリスクを低くしながら利益を得ることのできる運用を行っています。

このように、これから将来や老後の為に資産運用をしていきたいと思った時に、株式会社建国ファンドを利用することで、安定した運用をし、資産を着実に増やしていくことができます。

初心者でも始めやすいローリスクな資産運用

資産運用を始める理由は人によって様々です。
子供の成長に合わせての教育費に使いたい…自分の老後の生活を誰にも迷惑かけずに暮らしていきたい…少しでも子供たちに資産を残してあげたい、など色々な理由があるでしょう。

少なからずリスクは存在しますが、きちんと正しいやり方で資産運用を行えば、お金を増やせます。
正しい知識を身につける事で、利益を得られリスクを減らす事が出来るでしょう。

始めて資産運用を行う人にとっては、どの種類に手を出して良いのかわからない人も多くいます。
そんな方の為に、ローリスクな資産運用を纏めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。


■銀行預金
銀行預金が資産運用のひとつだと初めて知った人も中にはいるでしょう。
銀行預金の利息を利用して資産運用をするのです。
普通預金であれば年に0.02パーセントの金利なので、100万円預けていれば200円の利息がもらえます。
このようにごく僅かな金額ですが、お金を増やしていく事が可能なのです。
元本が保証されていたり、大きな失敗などもなく誰にでも出来る運用方法ですが、利益が少ない事がデメリットでもあります。
運用をするというよりも、資産を守っていきたい人にオススメです。


■外貨預金
日本円ではなく、外国のお金を使って預金をしていく事を言います。
ドルやユーロなどが有名です。
日本円では金利が0.02パーセントと低かったですが、外貨預金であれば0.1パーセントや0.5パーセント、1パーセントなどの高い金利を受け取る事が可能です。
利息が高い分、為替の変動で影響を受けやすかったり、日本円と比べてリスクが多い事はありますが、日本円よりは確実に資産を増やす事が出来ますので、最初に始めるにはオススメ出来る資産運用です。


■個人向け国債
国債は国が発行する債券の事を言います。
投資をする事で毎年利息が受け取れ、満期には全額お金を受け取る事が出来ます。
満期は3年・5年・10年があり、1万円から始める事が出来るので始めやすい運用方法です。
銀行や郵便局で購入する事が出来るので、手軽に始められますし、満期にならなくても解約出来る事も魅力のひとつです。
流動性は低いですが、安定しているのでリスクを気にしている人にとっても安心して始められるでしょう。


上記の3つは、ローリスクな資産運用として初心者にも人気があります。
ローリスクな分、ローリターンとなってしまいますが、始めて資産運用を行う人にとっては手軽に始められるのでオススメです。

資産運用で成功させたい人へ

将来の為に資産運用を始めたけど…なかなかうまくいかないと悩みを抱えている人は多いです。
資産運用で、成功する人、失敗する人の特徴を紹介します。
自分がどういったタイプなのかを分析することで、成功者への道を歩むことができます。


■資産運用で成功する人の特徴

①投資を分散している
資産運用で失敗しないためには、分散することが大事です。
1社に絞って投資をすることで、利益が出た時はかなり大きいですが、逆に損失も大きくなってしまいます。
最悪の場合、資産が全くない状態になることもありますので、注意が必要です。

このリスクを回避する為に、投資分散をおこないます。
利益は少なくなってしまいますが、分散をすることによってマイナスという最悪の事態を防ぐことが可能となります。


②積極的な取引と長期的な投資
目先の利益だけを考えるのではなく、長期的に運用をしていくことを考えましょう。
そして、投資というのはリスクがついてきますので、このリスクをコントロールすることで、万が一円の価値が下落したとしても、大損することはなくなります。

③必要な資金を投資へ使わないこと
資産運用を成功させる為には、必要な資金を投資に回さないことです。
自己資金すべてを投資に使い、利益へと結びつけばよいですが、その反対のこともあり得ます。
マイナスになり、資金が底をついてしまうと生活はもちろんのこと、教育費、住宅ローンなどの支払いもできなくなってしまいます。
こうならない為には、必要な資金には手を出さずに、将来の為に確保しておいたお金のみを使うということが重要になります。


■資産運用で失敗してしまう人の特徴

①何も行動できずにリスクが怖い
ゼロ金利を迎えている現在、金融機関に預金をしているだけでは全く資金を増やすことはできません。
リスクがあったとしても、分散投資をしておけばどこかで利益を生み出すことができます。

②短期的な利益を求めている
投資には、手数料が必要になり取引をする数が多くなればなる程、手数料が多大にかかってきます。
その為、すぐにでも利益を手にしたい…と思ってしまいがちですが、これはやってはいけないことです。
そして、ダメかなと思った時に手を引くことも大切になります。


■他の人に惑わされない!自分を大事にすることが大切
資産運用で成功する為には、基本的な知識をしっかり身に付けた状態で投資をすることが大事です。
自分にはどんな方法があっているのかを見極めること、そして自分のペースを乱さないことで、資産運用を成功させることができます。

資産運用費はどうやって捻出する?

資産運用を考えている人の中には、資産運用回すお金がないという人も多くいます。
そんなときはどうやって運用費を捻出するのでしょうか。

①保険料の見直し
結婚を1つのターニングポイントとして保険に加入する方がいますが、保険に入ってから見直しを1度も行っていない・自分の保険料がいくらなのか分からない・そもそも今加入しているの内容は不明…という事態になっていませんか?
保険というのは子供の誕生・独立・自身の定年などのライフイベントを迎える度に必要になる金額が異なります。
また、必要額の他にも優先すべき保険の種類も異なってるのでその都度見直しが必要と言われています。
生命保険は自分にもしものことが合った場合に、金銭的サポートしてくれたり、自身や家族の生活を守る為に不可欠なものです。
しかし子供が独立していれば、自身に万が一のことがあったとしても夫婦のどちらかが生活していけるだけの保障があれば十分です。
子供が独立している夫婦の場合、今の生活に見合った保障内容の保険へ切り替えた方が良いと言う事になります。
マイホームがある方は、団体信用生命保険がつくことが多く、世帯主が亡くなってしまうような事があれば、完済されるようになっています。
現在加入している保障内容や支払い金額が分からない場合や、保険のメンテナンスを行っていない場合には、内容の見直しをオススメします。
保険の見直しを行うとライフステージに合った保障内容に変更することが出来たり、余計な保障を取り除くことが出来ます。
自分のライフスタイル・ライフステージに合った保険に変えることで、万が一の時にも安心して治療に専念することが出来ますし、家族が暮らしていくのに十分なお金を残すことも出来ます。
また、保障の見直しによって浮いたお金が出る場合もあります。
そのお金を家族サービスに使ったり、将来の資金に充てるなどして、日々の生活を豊かなものにしていきましょう。
保険の見直しで浮いたお金は貯金するという方も多いですが、現在の金利ではお金を銀行に預けたとしても、数年間で数十円しか利息が付きません。
逆に言えば、銀行に預けることはプラマイゼロと言えます。
しかし、それなら浮いたお金を投資に充てて、利益を生み出した方が将来何倍にもなって帰ってくる可能性に掛けた方がずっと堅実的ではないですか?
賢く浮かせたお金は、賢く投資に充てることで将来が安泰になる可能性が大きいです。