株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

カントリーリスクと株式会社建国ファンドの対処方法

株式会社建国ファンドは国外の為替市場へ投資を行っています。ですから、数ある投資のリスクの中では『カントリーリスク』に左右されやすいという事が言えます。
カントリーリスクと言うのは、投資の対象となる国や地域の政治状況や経済状況が株式市場へも流入され投資資産の地価が変わってしまうリスクの事です。
特にこのリスクに影響を受けやすいのが、債権や国債などの国が発行する投資対象になります。
投資対象の発行元である国や地域の状況がダイレクトに反映されるので、国外に投資を行う場合はそういった国や地域の情勢を確認することも重要です。

株式会社建国ファンドも世界中の外国為替市場に投資を行っております。
しかし株式会社建国ファンドは独自のコンピュータ・トレーディング・システムを導入することで、市場を常に監視し、適切なタイミングで取引を行えるようになっています。投資を行う上でリスク回避は重要です。

マイナス金利と株式会社建国ファンドでの資産運用

現在の日本はマイナス金利導入後から、依然として円高が続いている状態です。
このままマイナス金利が続いていく事は、将来の資産形成にも大きな不安を与えて続けていくであろうと考えられています。
安定した資産運用の為にはマイナス金利はデメリットしかありません。
今までは銀行に資金を預けていただけでも利子が貰える状態でしたが、マイナス金利の現在は利子はほとんど受け取る事が出来ません。
では、良い資産形成を行う為にはどうしたら良いのでしょうか?
それは人生のライフプランや資産計画をしっかりと立てる事です。
何歳までに何をするのか、それまでにどれだけの資金を貯めれば良いのかなど、考え始めたら止まらない事ばかりです。しかし、そこをしっかりと見つめ自身のライフプランを綿密に計画しておけばおのずと気持ちの揺れは無くなるのです。
ですが、これからゼロの状態から資産形成を行うという人はどうやって資産を増やしていけば良いのでしょうか?
そこでオススメなのが株式会社建国ファンドのような『ファンド』による投資です。
生活防衛のためにファンドを始める人も少なくない今、思い立ったらすぐに始めるというフットワークの軽さが今後の資金調達に役立つと考えられます。

株式会社建国ファンドなら、毎月の収益に+αの効果がある

株式会社建国ファンドは毎月分配型の投資信託です。
毎月受け取ることが出来る分配金は3%です。
株式会社健康ファンドの応募要件は1口100万円からとなっているので、単純計算すると1年間で36万円の収入がプラスされることになります。
およそ1月分の給与がそっくり帰ってきますので、3年間も運用を続ければそっくり元が取れる計算になります。
また毎月分配金のほかに、投資で得た利益も分配されますので日々の生活資金を潤沢にすることができるでしょう。
受け取った分配金を貯めておけば3年後にもう1口買い足すことができ、投資信託をより効果的に回せるようになります。

株式会社建国ファンドは最も効率良く投資ができる方法ですが、建国ファンドだけに頼っていては生活がままならなくなってしまいます。
ですから、株式会社建国ファンドを含めた投資信託を行う際は、投資とは別の収入先を持っておきましょう。
また投資資金は、収益から必要額を引いた余剰金で行うようにしましょう。

効率の良い資産形成とは…?

分配金がもらえる投資信託とそうでないものでは、効率の良さが段違いです。
ではどちらが効率の良い投資信託だと思いますか?
ソレはもちろん、分配金が支払われない投資信託です。
分配金が支払われる投資信託の場合、その投資信託の基準価格から毎月一定額が引かれることになりますので、効率はあまり良くありません。
むしろ、その分配金を「再投資」することにより、基準価格を増やしていけるほうがずっと効率は良いでしょう。
しかし、現実では分配金の出所を知らない投資家たちを中心に毎月分配金型投資信託の人気がうなぎのぼりになっています。
またこれにより企業側も多くの毎月分配型投資信託を作えらざるを得ない形となっていますので、まだまだこの毎月分配型投資信託のブームは続くでしょう。
これから投資をしようと考えている人は
基本的な金融商品知識を学んでから投資を行ったほうが損は少ないでしょう。

株式会社建国ファンドは銀行窓販での取り扱いがない…?

投資信託を購入する!となった場合皆さんはどこで購入しますか?手数料の安いネット証券を選ぶ!という人もいれば、安心だからという理由から、銀行や証券会社・銀行で購入するという人もいるでしょう。
以前までは投資信託が知れ渡っていなかったこともあり、投資信託=金融機関で購入するものというイメージがありました。
しかし、アベノミクス以降は投資信託も大衆化されており、より手数料のかからないネット証券や独販投資信託が人気になってきています。
手数料が少ないという事は、それだけ投資家の利益につながるという証拠ですし、単純に利益を増やしたい若手投資にとってみれば願ってもみない話です。
また金融機関で取り扱っている商品のように、銀行側の収益を優先しないため、投資家ファーストな商品であるとも言えます。
株式会社建国ファンドの商品は独販で行っているため、手数料も少なく、単純に利益を追い求めたい人にオススメです。

高コストで複雑な投資信託を購入すべきではない

投資信託の内容にまで深く理解を勧めてから、購入にいたる投資家は意外と少ないものです。
しかし、そうやって安易に投資信託を購入してしまうと、資産は一切増えず結果的に損をしてしまうという場合も少なく無いのです。
どんなファンドも、販売手数料は3%近くかかってしまいます。
100万円分購入したら、そのうちの3万円は手数料として取られてしまうのでかなり勿体ないです。
また信託報酬も~2%と非常に高い物が多く取り扱われています。
またこれらのファンドは各金融機関で人気ファンド、売上げ高騰ファンドと言われているので不信感が募ります。
こういたファンドは、金融機関側の収益性を優先されたファンドなため、購入しても投資家にメリットはないと覚えておきましょう。

投資信託で元本割れするリスクはある?

投資信託は比較的安全な資産運用の方法だと言われていますが、それでも元本割れするリスクはあるのでしょうか?

投資信託といえども元本割れのリスクは存在する
いくら投資信託といっても、金融市場で運用を行うわけですからリスクは当然のように発生します。
銀行預金とは違い元本の保証はありませんので、元本を割った損失が出てしまうと、その分だけ損になります。
しかし、投資家がリスクを抱えているということはその分のリターンが期待できるとも言いかえることが出来ます。
元本を割ってしまったからと言って必ずしもリターンが発生しないわけではないのです。
ドルコスト平均法と世バ去る積み立て投資信託を始めることで、元本割れを起こしている投資信託でもリターンを取り戻す可能性が見えてきます。
それ以外にも、積み立て投資信託のほうが一時的に元本割れをおこしてくれた方が最終的なリターンを多く見込める場合があるのです。