読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

投資信託の成績が振るわない時はどうしたら良い?

最近は世界情勢もあまり良くなく、日本もそのあおりを受けて投資信託の成績が振るわない場合が多いようです。
せっかく購入した投資信託でも、こうも成績が振るわないのであれば投資信託を行う意味を見失いそうになってしまいます。
実際に、購入して数年で手放してしまったり、撤退を考えている人が多いようでです。
しかし本当にそれでいいのでしょうか?


■長期投資の意味を考えましょう。

もし保持しているのがFXや先物投資であるならば、早くに手放してしまった方が損は少ないと言えます。
しかし、投資信託のように長期的な視点で資産運用を行うためには1年~2年のマイナスで投資自体を辞めてしまうことの方がリスクが高いと思います。
むしろ、長期的に積み立ててで資産運用を行いたいのであれば、これをチャンスと捉えて、追加投資を行ったり、今後の経済動向が良くなることを信じて積み立て投資を続行した方が良いでしょう。
また積み立て投資の場合、一つの資産クラスにばかり集中投資を行うのはリスクが高いです。
ですから、バランスをとってリスクを軽減させた分散投資を行うようにしましょう。

投資初心者が失敗しないためには

投資初心者が一番やりがちなことは、身近な金融機関へ投資の相談をしてしまうことです。
自分は「ちょっと勉強に…」と軽い気持ちで相談に行ったかもしれませんが、金融機関側からしたらよいカモにしか見えませんよね。
銀行やら証券会社では投資初心者用の相談窓口が設置されています。
いかにも怪しい感じがしますが、投資入門書などを眺めていると、こういった金融機関での相談利用をするめている物も多く、なんだかきな臭いですね。


専門書で多く進められる、金融機関への相談窓口ですがはっきり言って『あまりオススメしません』。
金融機関で、投資関係について話を聞くことが出来ることまでは良いのですが、もしオススメされた投資信託が非常に魅力的でも絶対に購入してはいけません。
というのも、銀行などの金融機関は利用者からス払われる手数料で成り立っているため、当然窓口でオススメされる投資信託は手数料が非常に高いものになります。
銀行側も、わざわざ自分たちの損になるような投資信託をオススメしようとは思いませんから、金融機関へ相談しに行くよりは、どこぞのセミナーや自分で勉強をした方がずっと身になると思います。

投資の知識を付けて、株式会社建国ファンドで資産を増やそう!

投資を行うに際して、十分な投資知識を付けることはとても重要な事です。
いくら初心者が手を出しやすい投資信託といえども、全く投資知識がなくてもできるかと言えば、答えはNOです。
投資信託に投資を行うのであれば、少なくとも商品の種類やリスクの危険性を理解できるレベルになってから始められると良いでしょう。

また眼を向けないといけないのが『投資信託のコスト』になります。
高いコストが必要になったとしても、運用成績がよければそれで…という人がいますが、過去の傾向からみてもコストが高い投資信託=運用リターンも大きいという訳ではありません。

何も分からないうちから窓口に言って相談するのは勉強にはありますが、窓口の銀行員や証券万からすると恰好のカモにしかなりません。
全ての銀行員や証券マンが悪いというわけではありませんが、契約を摂ることが仕事である以上自社の儲かる商品を売らなければならない背景もあり、深く信用することは難しいです。

その反面、株式会社建国ファンドは独立系投資信託なので販売手数料はかかりません。
お客様を不安にさせる営業もいないので、好きなタイミングで投資信託を始めて頂けます。
投資信託に関する相談・アドバイスにも快く対応していますので1度ご連絡ください。

投資信託は低リスクですが、中にはハイリスクのものも存在します。

投資信託はよく低リスクの投資方法だとか、低リスク高リターンが望めるなどと言われますが、本当にそうなのでしょうか?…その答えはNOです。

本当に低リスクの投資方法なのは『個人向け国債』などの元本や利子を国が保証してくれる商品のことを言うのでしょう。
しかし、投資信託は元本が保証されてもいなければ、利子が受け取れるとも限りません。
ではなぜ投資信託が低リスクと言われるのでしょうか?それは、投資信託は『分散投資』ができるからです。
1つの会社の保有株の比重を重くしてしまうと、その会社が破たんしてしまった際に非常に大金リスクを背負うことになります。
しかし、投資信託では1本でさまざまな会社に投資を行う事ができるためリスクを分散することができるのです。
これができるのが投資信託の強みです。
他の株式投資や個人向け債権・預貯金ではこういったことはできません。

海外ETFをご存じですか?

海外ETFという物が個人投資家の間で人気を集めています。
主に海外の取引所で売買が行われている商品ですが、通常の国内投資信託よりも割安な手数料全世界の株式市場に投資を行ったり、新興国への投資も可能となります。

海外ETFとは、日本以外の証券取引所で売買されている『ETF』のことを指します。
ETFとは、証券取引所に上場されている投資信託のことを言い、一般の株式のように誰でも売買が可能な投資信託です。
日経平均株価株価指数に連動するので、インデックス型の投資信託として幅広い層に好まれています。
海外の証券取引所ではこのETFがかなりの市民権を得ており、日本市場に投資を行うよりも魅力的な部分が多いため、日本の投資家からも注目をされている分野になります。


日本の海外向け投資信託というと株式会社建国ファンドが人気です。

NISAで買ってはいけない投資信託がある?

NISA(少額投資非課税制度)口座を持ちいて投資を行う大きな理由は、値上がり益すや分配金・配当金が非課税になるから。
ですが、銀行や証券会社の営業マンがオススメする投資信託はこれらのメリットが十分に得られない場合はります。
またそれ以外の多くの投資信託でもNISAでの運用に向かない商品があるので、これから投資を行うという人は注意して欲しいポイントでもあるのです。


低コストでもリターンが少なければ損になってしまう


信託報酬のコストが1%未満という投資信託も多いなか、NISAでよりリスクヘッジを狙いたいと思う初心者の方もいるでしょう。
しかし運用コストのリスクヘッジができていても、しれを上回るリターンが見込めるファンドでない場合は損になってしまいます。
日本のファンドの特徴として、低コスト・低リターンでコツコツ資産を増やすという傾向が見受けられます。
安定力が売りの国内債券投資のファンドにしてみても、国内債券のみで構成されたポートフォリオの期待リターンも限りなく少ないことが分かっています。
ということは、『これから投資を行っても元が取れない可能性がある』という問題にぶつかるのです。

株式会社建国ファンドでアベノミクスの恩恵に預かろう

世界の中でも日本は投資下手な国として良く題材に上がっています。
でもこれな何故なのでしょうか?
投資を行っている人の資産配分を分析してみると、投資のほとんどをリスクの大きい株式投資につぎ込んでいる人が多いことが分かっています。
それに対して欧米諸国の人は不動産や金に投資を行っている人が多いのが現状です。
また安定の債権も人気が高いです。
日本人の特徴として、この債権に投資を行う人が少ないというポイントが挙げられます。

 

投資信託アベノミクスの関係

アベノミクス効果で日経平均株価藻が急上昇している現在、1年前には低迷していた株式相場がまるで嘘のような盛り上がりを魅せています。
街の至るところから『株を買っておけばよかった…』という声がちらほら聞こえてきますね。
株価の上昇に伴って投資を始めようという人に覚えて置いて欲しいのが、『分散して投資を行う』こと。
大本命だけに集中して投資を行ってしまうと、その分リスクが高まり、万が一の際は手元になにも残らないという悲劇が起こってしまいます。
ですから、株式会社建国ファンドで様々な分野への投資を行うことが、将来のための資産を増やす賢い方法なのです。