株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

株式会社建国ファンドを解約したい時はどうすればよい?

投資信託を行う人の多くが、リターン目的で投資を始めていると思います。
運用の利益がそのままバックされるので、投信を行っている最中はどんどん資産が貯まっていくことになりますが、もし投資信託を解約するとなった歳には手数料が発生することになりますので、この点に注意しましょう。


投資信託を解約するタイミングは?
一般的に投資信託を解約するのは次のようなタイミングで行います。
①運用成績が振るわない時期が続いたとき
②目標金額に達したとき
③資産のバランスが崩れてしまったとき

この中で一番多いのは①・③でしょう。
信頼して購入したはずの投資信託の成績が振るわず、手数料ばかり取られてしまっている場合は早期に解約した方がお得と言えます。
株式会社建国ファンドのようにリターンで得られる金額が多い場合には、②の解約理由が多くなりそうです。
目標金額を達成したのに、まだまだ上がるかもしれない…、もっと資金を貯めたい…と思う方もいますが、そうしている間に値下りして利益どころではなくなってしまう場合も多いので、目標金額に達したらスパッと辞めてしまうのが良いでしょう。
投資信託とは、本来そういうものなのです。

オススメの投資信託というのは罠…!?

投資信託の商品の中には、銀行や証券会社がオススメしている人気の商品というものがあります。
人気だから多くのリターンが見込めそう…、たくさんの人がやっているから大丈夫…、と思ってしまいがちですが、人気=安全で高リターンの投資信託とは限らないので注意が必要です。
投資信託はその人のライフスタイルによって、オススメの商品が大きく変わってくることを知っておいて下さい。

■人気ランキングに騙されない
銀行や証券会社のホームページを見ていると、その会社の人気ランキングが目に入ると思います。
今人気ランキングは、投資信託を選ぶ際に参考にすることもありますが、ランキングだけを信じるのは間違っています。
こういったランキングの上位の作品は、話題性や一過性でランクインしている可能性が多く、数年内にランキングからいなくなってしまう事もあるでしょう。
ですから、投資信託を選ぶ際は注目度ではなく、堅実性で選ぶようにしましょう。

また金融機関がオススメしてくる商品自体、あまり良いものだとは言えません。
というのも、金融機関は投資家が支払った手数料で運営を行っているため、自分たちに都合のよい商品をオススメと言って勧めてくることが多いからです。

株式投資信託とは…?

株式投資信託とはいったいどんな投資信託なのでしょうか?

株式投資信託について
株式投資信託とは、投資対象を株式に絞って、さまざまな組み入れが可能な投資信託のことを指します。
この説明で、「積み入れができる…?」と感づいた方は流石です。
実は、その投資信託に株式がわずかに組み入れられていれば、その投資信託のほとんどが債券投資を行っていたとしても、それは株式投資信託になります。(必ず覚えていて下さい!)

株式投資信託の目指すところは『値上がり益』です。
時には大きな値上がり益に載ることができ、大きなリターンを見込めますが、同時にそれだけの損失を被る可能性も高いハイリスク・ハイリターンの投資方法です。


株式投資信託は外国株式と国内株式の2通りがある
上記した通り、株式投資信託を細分化すると、外国株と日本株の2種類に分けられます。
一般的には、
日本株…さまざまな日本株に投資を行う「一般型(大型)」と、「中小型(中小の新興企業)」
・外国株…先進国に投資を行う「グローバル型」、新興国に投資を行う「BRICs
があります。
実はもっと細かく分類することが可能ですが、今回は大まかな分類分けだけ紹介します。
興味のある方は自身で調べてみて下さい。

株式会社建国ファンドで老後を見据えた投資を行おう

定年退職後は収入がなくなるため、年金頼りになるという高齢者が増えています。
貰える年金が少ないと、「生活費」を捻出するのが難しく、「老後破産」に追い込まれてしまう人もいます。
まさか自分がそんなことになるなんて…とお思いの方もいるでしょうが、公的年金の支給額が徐々に少なくなってきている今、老後を生きていくための資金を自身で用意する事が求められています。

■老後をイキイキ暮らすためには、いくら必要になる?
これはおよその金額に成りますが、夫婦2人が老後もイキイキと暮らしていくためには、月々27万円もの資金が必要になります。
1年間では324万円、セカンドライフはおよそ20年と言われているので、1年間324万円×20年間=6480万円もの資金をためなければなりません。
また孫の世話や住宅リフォーム、などもかかってくれば資金がいくらあっても足りないという事になります。

■老後の為投資は有効か?
老後は月々の収入よりも支出の方が圧倒的に多く成ります。
公的年金の支出額は変わりませんが、物価や治療費などがかさむと生活を圧迫せざるを得ません。
そこで投資信託が出番です。
株式会社建国ファンドなどの投資信託を購入して、お金を運用しながら貯めていくという構図が作れれば将来は安泰かもしれません。

投資と家計を両立するためにはどうしたら良い?

投資を行う事によって、老後の資産を増やすことが可能です。
しかし必ず儲かる!という保証がないため、ある程度のリスクも香料しないといけません。
ですから、投資に使うお金と家計に必要なお金を分けて考える必要があるのです。
今回は、投資を行う生活費のやりくりの仕方について紹介していきます。


■投資資金以外にも積み立てが必要です
ボーナスのような大金があったら全て投資につぎ込んでしまう…といった事はありませんか?
しかし投資にお金を使いすぎるという事はそれなりのリスクがあるものです。
もし急にお金が必要になった時の為に、投資以外でもお金を積み立てて置くことが必要です。
生活の中で出た余裕資金を投資に充てるのは良いですが、全財産を投資につぎ込んでしまうといった事が無いように気を付けましょう。
また万が一投資で利益が出なかった際も、ダメージを負わない程度の積み立てが必要です。


■まずは生活費を算出するところから始めよう
生活費が管理出来ていない過程では投資を行わない方が身のためです。
もしそれでも投資を始めたいんだ!という人がいたならば、まずは自宅の収支関係をクリアにするところから始めましょう。
生活費の管理さえできれば、月々の余剰金で投資を楽しむことが可能です。

投資信託の解約時期はいつ?

基本的に投資信託は長期保有でコツコツと増やしていくのでがセオリーです。
投資信託の難しさは買う時ではなく売る時にあると言います。
長期保有だからと言ってあまりに値下りしてしまえば保持する価値はどんどん低くなってしまいますし、値上がり期になると売却してお金にしたいけど、今我慢すればもっと高い値段で売却できるかもしれないという欲が出てきてしまいます。

そもそも投資信託というのは、1つ銘柄に多額の資金を充てるのではなく、資金を分散させて投資を行うからこそ効果を持つものなのです。
目先の変動にばかり目を向けていると正確なタイミングを見失うこととなりますので、どっしりと構えていた方が良いでしょう。


投資信託のベストな解約のタイミングは?
長年投資信託を続けていると解約のタイミングが分からなくなってしまう事があります。
タイミングは人それぞれだと思いますが、殆どの場合は自分の目標金額をクリアした時になると思います。
老後資金1000万を目指して投資を行っていたとすれば、その1000万円のラインに来た時に解約を考えましょう。
また、持参分配のリバランスを取る時や、保有している投資信託に魅力を感じなくなった時なども解約のタイミングとして挙げられます。

悪徳業者に騙されないように注意しましょう!

ファンドを名乗る金融会社の中には、投資信託以外の商品を「ファンド」と偽って売り出している場合があります。
日本における投資信託は、「投資信託及び投資法人に関する法律」にしたがって主務官庁の監督を受けている金融商品のみを指します。
したがって、本来ならばこれを受けていない商品は投資信託と名乗ることが出来ないのです。
つまりは、投資信託という意味も含む「ファンド」という言葉を操った詐欺が多発しているのです。

金融庁ホームページ http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyo.html

には、金融庁が登録を許可している金融商品取引業者の一覧が公表されています。
もし検討中の金融商品投資信託であるか不明の場合は、上記のホームページから運用会社の名前を探してみましょう。
もし正規に登録をうけているのであれば、「金融商品取引業者」として上記のサイトに名前が載っているはずです。

また投資信託を購入した場合は、必ず商品の詳しい説明を記載した投資信託説明書(目論見書)が交付されます。
その内容をしっかり確認したうえで、投資を行いましょう。

万が一、購入した投資信託が不当なものであった場合や、その取り扱い業者が悪徳業者であった場合には、『特定非営利法人 証券・金融商品斡旋センター』へ連絡しましょう。