読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

当たり前のリスクを排除して、資産家の運用目標を支えます

今、収入以外の場所から将来に受けた資金を蓄える方法として、ファンドの人気が高まっています。
FXなどのリスクの高い投資と違って、初心者でも運用が田安いファンドや投資信託は。元本保持のためのリスク間管理がしっかりとしているので投資に対する安心感が違います。
また株式会社建国ファンドはリスク管理を徹底する工夫として、『コンピュータ・トレーディング・システム』を採用しております。
この事により、世界の為替市場を監視下に置きながら自動的に売買を行ってくれるので、損切りを早い段階で行いリスクを全体の1~3%の留めてくれます。
またトレンドを監視しながらの投資になるので、トレンドが上昇になれば、合わせて買い立てを行ってくれます。
このように、株式会社建国ファンドではコンピュータシステムにより人間の感情を介さない運用に力を入れています。
人間の感情は時により、判断を鈍らせて不利益を生み出す可能性がある為です。
こうした当たり前のリスクを排除することにより、株式会社建国ファンドは投資家様の資産運用を確実化するサポートを行っています。

投資ビギナーこそ、株式会社建国ファンドで資産運用を始めよう

一般的に投資には、
・短期投資
・長期投資
の2種類があると言われています。
短期投資の方が高いリターンが見込めますが、同時に投資にかかるリスクも大きいとされていますので、初心者の方は長期投資から始めるのが良いでしょう。

株価は日々価格が上下に変化しています。
短期投資の場合、この価格の変動を読み取る力が必要とされますが、長期投資の場合は激しく変動する株価に左右されることなく安定した投資を行う事が可能です。
また投資先を複数に分けておくことが出来るので1つの投資に掛かるリスクを分散することが可能です。
初心者の方は投資の安定性よりも利益にばかり目が行ってしまいがちですが、それよりも注目すべきは投資のリスクだと考えましょう。
長期投資の場合はリスクを被ることなく、順調に資産を増やす事が可能です。
しかし長期の投資となるため、いますぐに資金が手元にやってこないというデメリットも持っています。

しかし、安定した老後貯蓄のためには、株式会社建国ファンドで長期投資を行うのがベストだと言えます。

トレーディングシステムで選ぶなら、株式会社建国ファンド

それぞれの投資信託には特徴的なシステムが用意されていますが、中でも株式会社建国ファンドは最大源のリスク回避が出来るトレーディングシステムを兼ね備えています。

一般的な投資信託では、ファンドマネージャーと呼ばれる人が在籍しており、この人を中心として投資家から集めたお金を駆使して投資を行っています。
ですからファンドマネージャという役割の人は市場を常に監視し、売れ行きや動向を常に把握していないと、跳んでもない不利益を産んでしまうのです。
しかしファンドマネージャーも人間ですので、いつも成功ばかりという訳ではありません。
投資家から集めた大切な資金といえど、時には不利益になってしまう場合もあります。

株式会社建国ファンドではこのファンドマネージャーの変わりに独自のトレーディング・システムを配備しています。
システムにより市場の動向を把握することができ、最適なタイミングで取引する事が可能なのです。

資産運用にかかわるリスク

株式会社建国ファンドで運用行う際には、単に資産を増やすだけではなく、その資産の使い道や目的に対して鮮明なイメージを思い起こすことが重要です。
草すれば、目的に合った運用期間と目標金額がおのずと見えてくるでしょう。
次に考えるべきは許容リスクになります。
この許容リスクは大きく分けに2通りあると言われています。

・運用期間のリスク
投資にかかるリスクは、短期的なものほど大きく、長期的なもの程リスクが平準化されていると言われています。
1~2年ほどの短期間の投資のほうがリスクが少ないイメージを持つ人が多いですが、その分変動肌が大きいのでリスクは少ないとは言えないのです。
リスクが少ないのは20~30年の長期投資と言われており、変動肌も少ないといわれています。
ですから、運用期間を長期的に取れる資金の場合、一定リスクをとることで、運用が成功しやすくなるのです。
反対に、短期間で確実に利益を求める資産の場合は、こういったリスクが高い投資は行わないほうが良いと考えられます。

NISAを利用すると税金で引かれる分がなくなる…!?

NISA(小額頭皮非課税)を使うと利益から引かれる税金がなくなるということはご存知ですか?
NISAは2014年に開始された制度で、投資によって得た利益の20%が税金となってしまうのをとめることが出来ます。
つまり投資の利益がそっくり非課税になるのです。
たとえば、投資によっていた利益が50万円だとしましょう。
一般的にはこの利益分の20%…10万円が税金となるので、手元に残るのは40万円ということになります。
50万円がそのまま利益となるので今すぐにでもNISAを始めたいと思うかも知れませんが、NISAを始めるためにはいくつかの決まりごとがあります。
・日本国内に住む20歳以上の成人であること、や
・NISA講座で取引が可能なのは年間120万円までなどの制約があるため、大きすぎるリターンの場合はNISAを使うことは出来ません。
また投資信託の買い付けに関しては、原則的に1人に対して1金融機関・1口座までと厳しい規制があります。
しかしNISAを利用して賢く資産運用が出来ることは明らかです。これを期にNISAを始めてみるのはいかがでしょうか?

NISAとは!?

2014年から開始したNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)をご存じですか?
一般的に、投資信託や株を取引する中で利益が出ると、出た利益の20%は税金として惹かれてしまいます。
(例えば)10万円の利益が出ていた場合、税金が引かれて手元に残る資金は8万円となります。

そんな中、NISAを利用することで利益にかかる税金が0に…、非課税になるのです。
先ほどの礼に沿って言えば、10万円の利益がそのまま手元に残る事になります。
ココまでの話しを聞くと「いますぐNISAを始めよう!」と思う人もいるのではないでしょうか。
ですが、NISAには使える金額の上限が定められていたり、他にもさまざまな制約が存在します。

NISAの概要
・投資によって得られた利益(上がり益・配当・分配金)にかかる税金が20%→0%になる制度
・NISAを利用する為には証券会社や銀行で専用口座を開く必要がある
・日本国内に住む20歳以上の成人が対象
・NISA口座を開設すると、年間120万円まで投資信託や株の買い付けが可能
投資信託や株の買い付けは原則的に1人1金融機関・1口座に限定
・売買可能な商品は「株」・「投資信託」・「ETF」・「REIT」など様々な商品が存在します。
※ただし金融機関によって取り扱い可能な商品が異なる。

株式会社建国ファンドの強み

株式会社建国ファンドの強みはなんといっても『徹底したリスク管理』。
リスク管理で最も重要な事は『いかにして元本割れを防ぐか』。
日本人の特徴として、老後に向けての資金準備不足というものが上げられます。
高額なローンを支払って持ち家を購入したり、子どもの教育資金やその他の返済などで老後の貯蓄まで手が回らないのが現状です。
ですから、投資を行う上では『損をしないこと』が第一となります。
損をしない=元本割れさせないに繋がりますので、株式会社建国ファンドではリスク管理を厳しく行っています。
例えば取引の際に完全自動化のコンピュータ・トレーディング・システムを導入するなどの自社ノウハウを生かした取引が魅力的です。
実際の運用は資産運用のスペシャリストが行いますが、いくらその道のプロといえど人間ですから時には感情が邪魔をして利益を棒に振ってしまう場合があるのです。
株式会社建国ファンドでは取引を完全自動化することにより、損失を早期に割り出し、切り捨てることでリスクを最小限に抑える事が可能です。