株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

分配金ありの投資信託は毎月と年1回では、どちらか良いのか(複利編)

投資信託の銘柄を調べていると、同一の商品でも「毎月分配金が受け取れるタイプ」と「年1回分配金が受け取れるタイプ」の2通りがあることが分かります。
同じ商品でも分配金の受け取り方によって損得はあるのでしょうか?


■圧倒的に年1回の受け取りの方が有利です
年1回の分配金が受け取れたほうが何故お得なのでしょうか?
それは、
・福利運用が可能
・税金がある
ということがポイントになってきます。

まず、毎月分配型は毎月の利益によって分配金が貰えます。
しかし、この利益は分配金を支払ったことになりますので、毎月リセットされるのです。
しかし年1回分配型はそうではありません。
毎月の投資で生み出された利益は複利で回され、12ヵ月後に投資家に分配されるのです。

このとき、毎月分配型で受け取ったお金をそのまま再投資に回せば良いのでは?と思われるかも知れませんが、再投資する際には販売コストやその他の手数料がかかりますので、総合的に見てもマイナスなのです。

 

運用にかかるコストもしっかり把握しておきましょう

投資信託を始めた際に意識せざるを得ないのが「利益」だと思います。
やはり将来の資金を投資信託に託す以上、利益は気になるものですし、投資の面白さでもあるため、つい利益を優先してしまうのは仕方がないことです。
しかし、利益ばかりに目を凝らしていると余計な費用がかかってきたり、損益を出してしまう原因にもなりますので注意が必要です。


■運用のコストも忘れてはなりません。
高いリターンが臨める商品であっても、購入や運用にかかる手数料が高くなってしまえば、利益が少なくなってしまう可能性が考えられます。
一般的に投資信託を購入する際の購入手数料は3%、運用の管理費が1.5%かかると言われています。
つまり、多くの投資信託で利益を出すためには、購入初年度だけで4.5%の値上がりが必要になるのです。
運用開始直後から多くの利益は臨めませんので、最初うからある程度の負債は覚悟しておきましょう。

■リターンとコストを同列に考えてはいけません。
高いリターンがあるからその分コストが割高でも大丈夫だと思っていませんか?
いままで高いリターンが見込まれていたからといって、今後も同じ状況が続くとは限らないのです。
投資信託を安心して続けるためには、その投資信託の将来性についてもしっかり考える必要があります。

株式会社建国ファンドで退職金を上手く切り崩そう

いま現在、株式会社建国ファンドのような毎月分配型の投資信託が投資家の間で話題になっていますが、実はこの毎月分配型の投資信託は働き世代にはあまりオススメできません。
その理由は、毎月分配型のシステム上、福利効果が使えないため少しでも多いリターンを望む(=資金を増やす)ということに使いづらいのです。
本来であれば毎月分配型は現役リタイア層の資金の切り崩しに使われるべきです。
リタイア層は収入がなくなってしまうので、自分の貯めた資産を少しずつ切り崩しながら生活をすることを余儀なくされます。
自分だと使いすぎてしまう恐れもあることから、ファンドに資金を預けて毎月お金を受け取った方が安心感があります。
ですから、株式会社建国ファンドをはじめとする毎月分配型のファンドはリタイア層に向いているというわけです。
しかし、株式会社建国ファンドは毎月分配型のうえに高リターンが臨めるという数少ない優良ファンドです。
ですから、この特性を生かしてリタイア層だけでなく働き盛りの層も合わせて資産を増やすことが可能でしょう。
大注目の株式会社建国ファンドから、これからも目が離せませんね。

投資信託の安全性は確保されている?

投資信託という金融商品は、販売会社・委託会社・受託会社の3つ会社に役割を分担することで健全な運用を行っています。
たとえば、それぞれの分担機関が万が一倒産してしまった場合でも、投資家から預かった資産は確保されています。

■販売会社が倒産した場合
販売会社は投資家が投資信託を購入する際の窓口の役割をしています。
投資家とお金のやり取りをするのはこの販売会社の仕事ですが、投資家から預かったお金は信託銀行が管理することになります。
もし販売会社が倒産してしまったとしても、保有していた投資信託を別の販売会社に移管することで、投資信託を続けることが可能です。

■委託会社が倒産した場合
委託会社というのは、実際の投資の運用指南を行う機関であって、お金を動かす力は持っていません。
ですから、委託会社が倒産したとしても投資家の預けたお金が減ることはないのです。

■信託銀行が倒産した場合
投資家の預けたお金はこの信託銀行が管理を行っています。
万一この信託銀行が倒産してしまったとしても、元本が減る要因にはなりません。
なぜなら、受託銀行自信の財産と投資家から預かった資金は別に管理するように法律で定められているからです。

窓販で取り扱いがない投資信託がある?

投資信託を購入するといった場合、皆さんはどこで購入したいと考えますか?
手数料の安さからネット証券をセレクトする!という人もいれば、安心感から証券会社・銀行・郵便局から購入するという人もいると思います。
以前の日本では投資信託がメジャーでなかったことにより、手数料の高い金融機関での購入・販売が一般的でしたが、最近ではインターネットの普及に寄りネット証券から投資を始めるという人が続々とでてきています。
手数料が少ないというのは収益に直結しますから、利益を最優先にするならばネット証券のような手数料がかからない方法を用いましょう。
また金融機関で取り扱いのある商品というのは、金融機関側にメリットが多い=手数料の高い商品ばかりです。
手数料が多いからと言って収益性も高いとは限らないので気を付けましょう。
投資ファーストな金融商品を購入したい場合もネット証券の方がメリットが大きいと言えます。
最後に、株式会社建国ファンドの商品は金融機関では扱っておりません。
独販で行う事により、手数料も最小に抑えることができますし、配当金も多いため単純に利益を最優先したい人にオススメな投資信託だと言えます。

株式会社建国ファンドでボーナスを運用しよう!

ボーナスが入って、投資信託を始めようと思う方も多いのではないでしょうか?
投資信託』とは、投資のプロが投資先の銘柄を選び、一般の人でも買いやすいように1万円~の少額購入ができるように販売されているものを指します。
少額からはじめられるうえ、投資をプロに任せることができるため投資ビギナーに人気の投資方法となっています。
ただし、投資信託を積み立てて購入する際には注意点があるので紹介していきます。

投資信託の積み立てで、気を付けるべきポイント

①…『同じ投資信託でも販売会社が異なると、手数料も違うこと』
同じ投資信託でもさまざまな販売会社から購入することが可能になっています。
しかし投資信託を購入しても販売会社が違えば、購入にかかる手数料も異なるため注意が必要です。

②…『値段が下がっても急いで売らない』
投資商品は数年から十数年単位の長いスパンで値動きに変動があります。投資信託を積み立ててで購入する際には、短期間ではなく長期スパンでの運用を考えることが必要になります。
長いスパンでも値動きは変動しますが、日々値段が下がったり上がったりするので、日々「もう売った方が良いだろうか…」と葛藤が続くと思われます。
しかし急いで売ってしまうと逆に損をしてしまう場合がありますので、売却の際は慎重に行いましょう。

ハイリスク・ハイリターンが危険なわけとは?

ハイリスク・ハイリターンはその名の通り、危うさのある投資です。
というのも、投資信託において値動きの幅を一般的に『リスク』と言います。
リスクは『標準価格』から振れ幅を導く事が出来るようになっており、リスク(振れ幅)が大きいほど、利益にもなりやすく、不利益にもなりやすいという事になります。
また反対に、リスクが小さい事は利益にも不利益にもなりにくいという事になるのです。
詰まるところ、リスク(値動き)が大きい商品であるほど、期待出来る利益も大きくなるという事になります。
おわかりの方もいらっしゃると思いますが、同時に逆の事も言えます。
リスク(触れ幅)が大きい商品は不利益にもなりやすいので、自分にとって不利益にならないよう、見定めながら投資を行う必要があるのです。
こういったリスクを避けて、ファンドや投資信託で資金を増やしていくのか、それともリスクを負ってでも大きな資金を求めるのかは、投資家の判断にゆだねられます。