株式会社建国ファンドで老後対策

株式会社建国ファンドでは安定した資産運用をすることができます。老後や将来の為に、安心できる生活を確保したい時には、株式会社建国ファンドでの資産運用がおすすめです。

証券会社と運用会社は別ものです

投資ビギナーの人の中には、証券会社と投資運用会社を混同してしまっている人がいます。
金融商品を賢く選ぶためにも、その違いはしっかり把握しておきたいものです。

簡単にいうと、証券会社というのは有価証券の取り引きを行うための窓口でしかありません。
つまり株を売ったり買ったりする専門の窓口だということです。
では運用会社はどうなっているのでしょうか?
運用会社は取引されたう有価証券の価値を高めるために、運用を行います。
この運用には専門知識がいるため、運用会社にはプロの運用マネージャーが揃っています。
投資信託による利益は、この運用会社に委ねられているようなものなのです・・・。

株式会社建国ファンドは一流に運用を任せられるヘッジファンド

ヘッジファンドという言葉をご存じでしょうか?
ヘッジファンドとは、個人投資の代わりに資産運用を行うプロのファンドなメージャーが在籍しているファンドのことを指します。
ヘッジファンドに投資運用を代行しうてもらえば、まず損はしないと思います。

運用をヘッジファンドに任せる最大の理由は利回りをよくすることであり、現に個人投資の年間利回りが良くても、~5%なのに対してヘッジファンドは年間平均13~15%という驚異的な数字を叩き込んでいます。
個人投資家として運用を行うよりも多少の手数料が必要になってきますがそれも数%の話なので、よりリスクが低い運用を望むのならヘッジファンドで投資を行うのがよいでしょう。

場合によっては30%に近い数字を叩き込む場合も多く、この数少ないファンドというのが株式会社建国ファンドなのです。
ヘッジファンドの特徴として、ファンド側が提示する最低公募金額が高いというデメリットがありますが、それさえクリアできれば高い収益が約束されたようなものなので、あとは安心して運用を続けるだけで将来の備えは完璧です。

セミナーに通ったり、関連書籍を読むだけで投資の勉強になる?

投資の勉強を行うために、関連する書籍を読んだり、投資セミナーに通うという人も多いです。
しかしこれだけで本当に投資の学習になるのでしょうか?
今はwebの投資口座もあったりするため、だれでも簡単に投資についての知識を得ることができますが、日本国内だけでも数えきれないほどのセミナーや本がありますので、正直どれを選んでいいのか分からないというのが本音でしょう。
今回はオススメのセミナーや書籍を紹介するので、参考にしてみて下さい。

■東京で開催されるオススメセミナー
・エイプロミス主催「投資運用セミナー」
・ファイナンシャルアカデミーの有料セミナー
SBIマネープラザ主催の無料資産運用口座

■資産運用関連の書籍
・「ド素人がはじめる資産運用の本」
・「はじめての資産運用(お金の基本)」
・銀行員が家族に勧める資産運用術

自力で資産運用の勉強を進めて行きたい!という人は、今回オススメした関連書籍やセミナーを利用してみてください。
また有名投資家のブログを参考にするのも良いと思います。

テーマ型ファンドとは?

テーマ型ファンドというものをご存じでしょうか?
投資信託とは、
・どんなものに(What)
・どこのものに(Where)
投資するかでカテゴリーが定められています。
例えば、日本の株式市場に投資を行うのであれば「国内型株式投資信託」というカテゴリーに投資を行うことになりますし、海外の債券に投資をするなら「海外債権型」カテゴリーに投資をすることになります。

海外の不動産に投資をするなら、国際REIT(リート)型、商品(金鉱石、食糧、エネルギー等)に投資をするならコモディティとなります。
テーマ型ファンドは、このような基本的はカテゴリーとは違い、もっと限定的なその時代の流行りに乗った投資先を指します。

以前流行っていたのは、情報通信業に関連するITをテーマにしたファンドで、近年では天然資源やエネルギーに関するファンドが盛り上がってきています。
テーマ型ファンドに投資を行うメリットは、当たれば高いリターンが手に入るということです。
しかし、ある一定の分野にのみ投資を行うので、感が外れるとリターンどころの騒ぎではなくなるというデメリットも抱えています。
また長期間保有できないという特徴もあるため、投資信託の中でもリスキーな部類になります。

リスク管理されている建国ファンド

投資の中でもリスク管理が徹底されている建国ファンドなら、効果的な投資を始めることができます。
投資には、定期預金や不動産、株やFXなど多くの投資の手法がありますが、これらをいくつ始めたとしても長期的に継続できて資産を増やさなければ効果的な投資とは言い難くなってしまいます。
そのためにはリスク管理が重要となり、きちんと管理されている投資は長期的に行うことができます。
特に建国ファンドなら、徹底したリスク管理を行っていて、少しでもリスクが軽減されるように、完全自動化のコンピュータ・トレーディング・システムを使って管理しています。
このシステムでは、常に市場の動きを監視していることで、人間の感情を排除して市場の動向を確認し、損失を出さないように徹底されています。
投資のリスクを恐れている方や気になる方は、建国ファンドのような管理された投資を行うことでリスクを恐れずに安心することができます。

ミニ株とは…?

ミニ株というものがあることをご存知でしょうか?
投資家が自由に小額で株を購入し、株式投資をスタートさせることができるサービスで、投資ビギナーや資産を少しでも増やしたい人向けのサービスとなっています。

このミニ株は、サービスの取り扱いのある証券会社に口座を持っている人ならだれでも数千~数万までの小額資金で取引を開始することが可能です。

本来ならば株式投資に必要な資金は100万単位と言われています。
それは、株式投資の株単価が数百~数千単位になっているからで、1株1000円で購入できる株を1000株購入するとなればそれだけで100万円が必要になります。

しかしミニ株であれば、証券会社が所有する株を分割してその分割された株を数株~数十株単位で購入することができるのです。
つまり1株1000円の株だったとしても、5000円や1万円で株を持つことができるわけです。

ミニ株は小額で始めることができるので、通常の株式投資に比べてリスクが少ないことがメリットですが、リスクが少ないということはリターンも少ないということになりますので、その点がデメリットになります。
ミニ株で投資を始めたいという人もこのメリットとデメリットを正しく理解して堅実な投資を行って欲しいと思います。

クラウドファンディングは投資になるのか?

クラウドファンディングによってお金を借りることで、何かを費用を得ることができたり、人為に役立てることが可能です。
これらはその人やものに直接投資ができる新しいスタイルです。
新しく登場してきたからこそ、まだ全容を掴めていない節があり、たびたびトラブルの元となっているようです。
今回はそんなクラウドファンディングのデメリットについて紹介します。


■元本割れが起こるリスク
クラウドファンディングは、投資と同じように元本割れのリスクがあります。
主催者に直接貸し付ける形のクラウドファンディングですと、倒産や企画倒れとなってしまった場合そのまま貸し倒れとなるため元本すら残らない事も多いです。
分散投資を行えれば良いのですが、クラウドファンディングとなるとそういう事すら難しい場合があるので、出資する際には全てのリスクを背負える範囲の出資を行いましょう。